アルバイト

 

次の月曜日、みどりの日に、東京町田にあります、NOISEという喫茶店で半日バイトしてます。

NOISEというのは、いまだにタバコが吸えるどころか分煙でもなくて、

ときどき、え?ってくらいの音量でジャズがかかってたりして、

行くたびに、時間とか時代とかを忘れてしまうグレイトスポットなのですが、

かつて、7年くらいぼくはそこでアルバイトをさせてもらっていた。

 

このGW開け、現在の店舗での営業をクローズするため、

あまたのファンが押し寄せるやもしれぬ。

ということで、手伝って〜ってなお話しがあり、はい、よろこんで!!!

というわけなのであります。

 

12時から16時くらいで働いている予定(混んでたらもうちょっと延びるかも)。

 

思い出の味が多すぎて、その日のまかないはどうしよう、って今から悩みますが、

個人的にはチキンチーズサンド(チキチー)とか、スパゲッティアロマ(アロマ)がオススメ。

 

よかったら、行ってみてください、29日いらしてください!


御礼

 

下北沢のnew PEACE展につづき、中野の空き家で展示もさせてもらって、どうもありがとう。

家主のしのさんと、すべての撤収が終わりパチリ。

 

しのさんとは定期的に会うことはないのだけれど、要所要所で、ガツンとぼくの人生に関わってくる。

書くことが仕事になった「女性自身」へ紹介してくれたのも彼女だし、

「ニュー男子」の企画をもってきてくれたのも彼女。

さらにいえば、彼女の夫の吉田さんは「女性自身」時代のぼくの担当編集者。

 

いろいろどうもありがとう、ソウルメイト。


シェア

 

金曜日、2冊の本をいただいた。

 

左はくうここと友人の黒澤優子さんが携わった「福女セラピー」。

その本を書かれた鷹野えみ子さんとはフライデーナイトにはじめましてしたのだけど、

なんだろうな、ものすごい親密感。

本のあとがきに、もうひとりの著者の栗原弘美さんが、

「鷹野さんこそ福女」と書いてあったが、そういう感じがした。

 

笑顔でいて、まっすぐに見つめ、にこやかなお話しぶり。

福とは、そういうあり方に誘われるのだろう。

 

真ん中は、ぼくが携わらせてもらったTAKAHIROさんの本の編集担当の千さんの最新本。

写真では見えないが帯に「読む瞑想」とあった。かっこいい!

 

著者のヨグマタさんの講演を2度聞く機会に恵まれたが、

お話し以前に、バイブレーションが本当にすごくて、はじめてのときは起きていられなかった。

 

右は、何度もしつこく言っています「ゼロは最強」でございます、よろしくお願いします。

 

なんというんでしょうかね、宇宙はぼくに「幸せになんなさいよ、さらにさらに」って言っているって思った。

だって、こんな本が集まってくるのですもの。

 

本と電子書籍のちがいは、それが手にふれられる物体か否かってのが大きい。

たずさわってみて痛感したのだけど、本ってめちゃくちゃエネルギーが詰まっている代物だ。

幸福バイブレーションで書かれた本は、幸福濃縮物体なのである。そう思う。


シェア

 

 

去年ギャラリー403で紹介していただいた画家の稲垣弘子さんの絵。

 

22日まで東横線の大倉山駅の大倉山記念館で個展をされています。

絵も、空間も、すごくすてきだった。

 

絵って、いいなー、と思い、

具体的な何かという詳細ではなく、

もっと漠とした、ワイドな気づきをいただいた気がしている。

 

すてきな絵。

稲垣さんと絵を見比べてみると、なんかおもしろい。

 

作品と作者と同時にふれられる機会というのは、すごくおもしろいとぼくは思う。

 

11:00~18:00(最終日は17:00まで)

 

ぜひ、どうぞ!

 


ありがとう


new born

 

きのう展示からごきげんに帰ると猫が一匹死んでいた。かみちゃん。

 

あれはいつのことだったんだろう、ひと月、いや、ふた月前?

かみちゃんはオシッコが出なくなって衰弱していき、

一晩、全身全霊で手当てをしたけど回復せず、

そのまま入院、手術という流れをたどった。

 

楽観的に、手術をすれば治るだろうと信じきっていたけれど、

かみちゃんは、元気にはならなかった。

それでもいいか。生きていてくれればもういい。

そう思った。

 

そんなかみちゃんが、きのうの午後あの世に旅立っていった。

 

人生であんな風に蕎麦をすすったことは初めてだった。

泣きながらご飯を食べたことがある人は強い。

たしかそんなセリフが、好きだったテレビドラマにあった。

なんか、わかる。って思った。

 

うんと泣いて、悲しんで、今日もまだ亡骸を見ればこみ上げるものはあるけれど、

ずっと泣いた後みたいな頭痛もあるけれど、

でも、すがすがしくもある。

 

かみちゃんは、花に囲まれた姿で台所にいる。

ふだん花なんて全然ないわが家なのに、

ちょうどこの間の展示でたくさん花をいただき、

かみちゃんは、赤い花と白い花にはさまれて眠っている。

 

残された者は勝手に解釈をしていい自由がある。

 

かみちゃんは、幸せだったと思う。

ちゃんとこの日を選んでいったんだと思うな。

 

泣いていてもやっぱりぼくはおしゃべりみたい。

あとからあとから言葉があふれでた。

 

ごはんを食べるテーブルで、みっちーと向き合うように座って、

昨夜はべつべつの作業をした。

ぼくは絵を台紙に貼ったり、彼は刺繍をしていた。

ふしぎな幸福感があった。

 

今日と明日の展示は、ふってわいた話で、

なんにも意図をもたず、たゆたうように時間をみつけて、ただただ思い浮かぶままに絵を描いた。

 

今回は写真をコピーしてその上に花やら性器やら描いている。

写真は、赤ちゃん、カレ、友だち、セルフィーなどいろいろ。

きのう、いちおう完成と思えた形になり、

これを人に見てもらっていいのかな? と思った。

あまりにもパーソナルなのだもの。

でも、それが今日のぼくの表現なんだな。

 

2日間の展示会のぼくのテーマは一期一会です。

 

かみちゃんの死はぼくに早くもたくさんのことをもたらしてくれていて、

そのいちばんにあるのが、終わりがくる、ということ。

 

実はこれが最後なのかもしれないのだから、ちゃんと会おう。

出会った人と、もっとちゃんと向き合おう。

ちゃんと向き合うというのは、恐れず恥ずかしがらず自分の真実を表現することなんだと思う。

 

そういうわけで、ぼくはきのう死にけさあたらしく誕生した、あたらしい私です。

 

お時間ありましたら、展示に遊びにいらしてください。


4/13日、14日に追加「new PEACE」展します

 

撮影/阿部章仁

 

おかげさまで、先日の1日オンリー「new PEACE」展は

たくさんの人に足を運んでいただき、その夜は気を失うように眠るほどの大エネルギー交流の場となりました。

いらしていただいた方、気にかけていただいた方、

誠に誠にありがとうございました!

 

その日、来れなかった友人から翌日、

うちの下の貸家が、いま空いているから、そこで13日、14日で展示しない?

という驚きのお誘いTELがあり、

空き家 de 展示なんておもしろそう! と二つ返事。

 

ということで、めちゃくちゃ急な話ですが、

今週の土日、JR中野駅から徒歩10分くらいの空き家(中野区中野5丁目)にて、

追加公演的にふたたび「new PEACE」展をおこないます。

 

中野ブロードウェイを突っ切ると到着する早稲田通りを中野駅を背に右折し徒歩5分程度すすみ、

キュラーズ中野店という青い建物の貸し倉庫につきましたら、

お手数ですが、下記の野村携帯までご一報を。

事前に連絡いただいたら場所の詳細をお伝えします(すみません、個人邸なもので住所は公にできず)

 

https://www.google.co.jp/maps/place/〒164-0001+東京都中野区中野5丁目5%E2%88%9211/@35.7093346,139.6688406,17z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x6018f2bd86eadaad:0x1bf919b3d6cf121e?hl=ja

 

 

13日は、イタヤカフェさんの展示が17時まであるので、それを終えたらその足で中野へ向かいまして、

設置などをしまして、19時30分ころから23時すぎまでひらきます。

(22時30分くらいまでに入っていただけましたら)

 

イトウくんの刺繍は、先日の展示でかなり売れてしまったのですが、

展示で「自分の服に刺繍をしてほしい」というご要望がたくさんあったので、

その日は、「刺繍の受注」をしよう、となりました。

なので、刺繍を入れて欲しい私物を当日お持ち込みいただけましたら!

(シャツやTシャツ、布製のバックなどが適しているよう。詳細は再度投稿します)

 

その夜は、ワインに精通する家主の志野順子さんが、

作品より受けたインスピレーションと飲む人の雰囲気によって

フランスと南アフリカワインをチョイスしてくれるとのこと。

(ワイン&おつまみはキャッシュオン)

 

飲みながら、音楽を聴きながら、オリビアを聴きながら、

おしゃべりと、絵と刺繍をお楽しみいただけましたらこれ幸い。

 

残念ながら、先日ことばを担当した黒澤さんは福島のイベントに出展するため今回は不参加。

ということで、絵とことばを組み合わせた作品ではなく、

のむらの絵は、6日とは違うものを用意していきます。

 

6日の展示でやりたいことがいくつか浮かんだので、

ニューな作品をつくってもっていきたい! 

と意気込んでいるnowですが、どうなることかは不明。

 

14日は13時から18時でオープンします。

18時以降も、ぼくらはそこで飲んでるので、

もし18時以降なら行ける!って方いましたら、メッセージいただけましたら。

(事前ならFB、インスタに。当日は090-4174-7541にショートメールで)

 

この日は、その人とつながることを意図して描く、

エネルギーペイティング(my 造語)を行いますので、ご希望の方はいってくだされ。

やってみないとわからないけど、

描きながらたぶん言葉とかビジョンみたいなものがでてくると思うので、

絵と、そのキャッチしたいろいろをお伝えします。1枚3000円。

 

どうぞよろしくお願いいたします!

 

中野区5丁目貸家de展示・中野区中野5丁目

 


a i a mu

 

My name is nomura kouhei . 

わたしはのむらこうへいっていいます。

 


He is

 

He is new PEACE イトウくん

 


いつかの月

 

満月は丸いから誰も責めない。

いつかのぼくはそんなポエムをここでつぶやいていた。

 

今日はどうしてだかうんと早くに目が覚めて、目が冴えてしまった。

ゆうべは、守護天使にむけて、目覚めるとはどういうことかを知りたい、夢の中でおしえて欲しいと伝えて寝た。

なんにもない。

夢を見た気もするが無。

 

けど、それが答えだったような気もしている。

そうやって、このごろいろいろと遊びの幅がひろがった。

 

明後日なんだな、展示は。

ふつうに絵を飾ろうと漠然と思っていたけど布団のまどろみタイムで、

自分こそがワクワクすることしたいよな、せっかくだからってインナーボイス。

Kidsのぼくは、たのしいことしたいっていっている。

そんな気がする。

だから、いろいろやりたいなー。

と、なんとなくパソコンをひらいてみたところ、ここをひらき、作文してしまいました。


<< | 2/136PAGES | >>

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode