ごめんなさい!

 

なにが、ごめんなさい、なのかといいますと、案内状のことです。

 

今回、半分くらいの宛名をプリントした住所などを糊付けしたのですが、

どうも糊付けがあまかったようで、郵送の過程でプリント部分がとれてしまったみたい。

とうぜん「宛先不明」という紙が貼り付けられ展示場所である「J」にリターン。

 

最初は1枚だけだったので、うっかり住所を書き忘れて送ってしまった!

と、自分のうっかりに驚愕したのですが、その後わらわらと複数枚もどってきたことで、

そのわけに気がついたのであります。

 

残念なことに、案内状に書き添えた自分の言葉で、

誰に送ったものが返ってきたのかがどうにもわかりません......。

 

なもので、「届かないけど」って人ありましたら、ほんとにごめんなさい。

そういうわけなのです(以前うかがった住所から引っ越しされ転送期間が終わった方も)

 

今週は11日と13日に行きます。

来週は17日(19時には出てしまいます)と20日(20時すぎには出てしまいます)はいます。

 

今回、家で原稿をたくさん書かねばマンスと重なってしまい、

あまり展示にいかれなくて、すみません!

 

どうぞ、ひきつづきよろしくお願いします!!

 

nomura


展示の予定

 

こんにちは、10月ですね。

今夜11時55分から樹木希林さんのドキュメントTVが再放送されるんですが、

すごくよかったので、おすすめします!

 

さて、きのうから個展が始まりまして。

たったの数時間でしたが、いろいろ思ったなあ。

なんのためにこうした展示をやっているのだろうか、などと時々疑問がわくのですが、

すくなくとも、人の目にふれるそうした発表の場をもうけることで、

絵にたいしての集中度?みたいなものは高まっている気がする。

 

展示場所であるJさんは、基本ジャズのライブを飲み食いしながら楽しむお店なので、

照明はドラマティック、お客さんが絵の前に着席している、など、

ギャラリー基準でいえば「見づらい」のですが、

それも含めてぼくはおもしろいなあ、って思うのです。

 

ちょっとすみません、ってひと声かけて絵を見ることでその人と会話が始まったりするその感じ。

なんかほっこりですよ。クールもスマートもいいけど、人間交差点もやはりよい!

 

近々ののむら入店日ですが、

4日と6日と11日と13日を予定しています。

18時から、早くても20時半くらいまではいます(あれだったらhi-ga-ko @ ezweb.ne.jpにメールください!)

 

15日以降はいつ行くか仕事の状況次第なのですが、

この日なら行ける!みたいなのがあったらそこに合わせるよう努めます!! のでご一報を!

 

通常18〜19時は絵だけみれます(ライブが開始すると、ライブ料金がかかる)。

4日はライブの開始が19時半なので、19時半までフリーでみれます。

 

よろしくお願いします!

 

のむら


eat LOVE

 

ぼくとカレと猫の暮らしをよしみさんが撮りにくる。

そしてその日のことを写真を見ながらふりかえって言葉を書く。

そういう活動をしています、eat LOVE と名付けて、毎月1度はやっている。

 

これ、実はなんの変哲もないプロジェクト。

だって、家でご飯を食べてペチャクチャ喋っているだけだもの。

でも、名前の威力なのか、eat LOVE ってすると、その日常風景がうんと輝いて感じられる。

LOVEの回路がひらくみたい。

 

このTRIOの時空はぼくにとってスペシャルだけど、

でも、いつだって誰とでも本当はeat LOVE なんだよね。

空気おいしい! と、よろこぶ能力をもたぬ者はいないんじゃないかって思う。

 

きょうは台風一過のあまりの晴れ晴れ天気に、夕に個展の搬入などが待っているし、

ぜんぜん案内状だって書かなきゃなのに、

洗濯機をフル稼働させ謎の片付けなどもし、せっかくの早起きのこの本末転倒感。

 

そういう人である私を愛しみたくなる快晴よ、ありがとう!

 

そんなぼくのいつかの記録、よかったらみてみてください。

 

eat LOVE day 10


Dance Dance Dance

 

6月の展示のときは「MY FLOWER」ということで絵を描きましたが、

今回は「Dance Dance Dance」でございまして。

 

ぼくの場合は、ふだん文系脳というか作文過多人間なもので、

絵に向かうときは、ほとんど何も決めず、なるべく何も考えないよう努めています。

 

せっかくノー思考でできる絵なのだから、と、

画材を買うときも「なんか」「なんとなく」だけで決めたりしていることはさておき。

 

この展示に際して絵を描き始めたとき、

手がぐるぐる動いたんですよね。

その様が、なんだか踊っているように思えた。

 

ちょうど素晴らしいダンサーの方のお話をめちゃくちゃ聞くという機会に恵まれたこともあり、

それをテーマとしてみました。

 

「踊りたい 踊りなさい 踊る」で「Dance Dance Dance」

 

その心は、”ああ、あれをしたいなあ、などという「want」は、「do」するしかないのだな”ということです。

 

踊りたいなら踊ればいい。というか踊らないと!

そのようにこの夏から秋にかけてじわじわと人生に対してオープンになっている、

そういうぼくの、いつもながらにパーソナルな絵だと感じています。

 

実は、まだ描いていて、今日も朝からやっていた。

せっかく出来上がっていた絵をこの期に及んでまた塗り重ねていたり、

けっこう「DO!!」していて、

ようやっと展示することへの恐れを楽しみが上回った今日であります。

 

そんなわけで、

お時間ありましたらぜひ見にいらしてください!

 

絵はひとまず、展示させていただく「J」さんは、

この10月で40周年だそうで、40年のジャズメンのエネルギーがつまった

唯一無二のすてきなお店です。

こういう機会にぜひ建物探訪を!

 

のむらのいる日は、下記にも書きましたが、

ひとまず1日の初日で、あとは2日にまたアップしますね。

 

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

[infomation]

 

新宿にあります、ジャズのライブハウスナック(造語)、

JAZZ SPOT Jさんにて2度目の個展をひらかせていただきます。

明後日10月1日から31日までです。

 

お店は18時15時〜23時30分で、

ライブはアバウト19時から開始。

演奏が始まるとライブチャージなどがかかります。

 

なので、絵だけ見るよ、ってな方は18時〜19時にいらしていただけましたら!

 

ぼくは、ひとまず1日は搬入するのでそのままお店にいます。

それ以降は1日にお店の人と相談して決めようと思っていて、

2日にここに書かせてもらいます!

 

よろしくお願いします。

 

 


とにもかくにも

 

テレビのある暮らしの方には、「”樹木希林”を生きる」というテレビ番組をおすすめしたい。

ゆうべ見て、いろいろガツーンとなった。

再放送が10月2日の23時55分からあるみたいです。

 

そんな私は10月1日から31日までのひと月、

新宿にありますJAZZ SPOT J というジャズのライブが行われるお店で絵の個展をさせてもらいます。

 

また週末にちゃんと書きますが、

みなみなさまのオクトーバーの片隅に、

野村の絵でも見にいくか、って予定が組み込まれますよう!

 

おやすみなさい。


きよめられた

 

すばらしいドキュメンタリー映像でした。

清められた。

 

ありがとうございました。


リハビリ

 

あるはずのものが見つからない。

あった! と思ったらそれじゃなかった。

 

だんだんと日が暮れてゆき、じわじわと落ち込んでいった。

なにを馬鹿なことを、と思うのだけど、

これまでのすべてが間違っていて、

これからも間違いだらけの未来が待っているような泣きたい気持ちになってしまった。

 

はて、どうして私を責めるの? どうして私をダメと思うの?

 

気がついた。

ぼくが信じ込んでいた「普通の人」の基準から今日のぼくがはみ出していたのだ。

 

ふつうそういう大切なものってなくさないでしょ。

だって、使うことがわかっているんだからさ、わかるように管理しなきゃじゃん。

そんなこともできない人に何ができるの? 無理だよ。

 

そして気がついた。

それがぼくなのだ。普通に満たないぼくこそがぼくだったのだ。

それを「普通」と決めたのももちろんぼく。

 

探すだけ探して見つからないが、明日もうすこしだけ探そう。

それでも見つからなかったら、ほかの手を考えよう。

自分を責めるのはやめよう。

反省はしたのだから、水に流そう。

もしも足りない自分ならば、足りない自分が誰かの足しになるようなことを探そう、行おう。


音楽

 

マジカルだな、音楽って。

この曲にひたりながらイライラすることなどできない気がする。

と思いつつ、猟奇的な映画のシーンなどにも合いそうだけれど。

 

今日はひょんな流れからバブル期のCM集をしばし見ていて、

それをノスタルジーというのかもしれないが、

いいなあ、この頃。って思ったりした。

 

基本不安。が現代だとすると、基本希望。がバブルだったのかもしれぬ。

バブルというように、それは泡であったのでしょうが、

夢くらいみたいじゃないか、って思う私です。

 

おやすみなさい。


ポートレート

 

6月のギャラリー403でお話をして、

そうして縄文展にお供した。

稲垣さんが居酒屋でさささと描いてくれたポートレート。

とても気に入っている。

だってなんかいい顔してないですか?

 

明日から稲垣弘子さんの展示がはじまるそうです!

http://hiroko-world.com


FALL

 

今年もまた咲いた。

そして散り始めた。

 

ああ、秋なのですね。

きんもくせいはひかえめに香り、まんじゅしゃげは華々しく。

 

雨もなんだか秋らしく、しとしとしとしと。


<< | 2/130PAGES | >>

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode