15年間

 

禁断の長袖を着てしまった。

ああ、本当に夏が終わった。そのような気分の今朝。

しかし、久しぶりの長袖は、そう悪くはなかった。

これから冬がやってくる。

それもいいかもね、と思えた。

 

庭の草木のほとんどが枯れて葉を落とし、緑の庭が茶色になっていく。

空の青には灰色が混じっていき、淋しげではあるけれど、希望を手放すすがすがしさのようでもある。

年をとるということは、世界から色が薄らいでいくことなのかもしれないが、

それはあらたな色、あらたな世界の発見でもあるのだろう。

 

この数ヶ月に、映画をレンタルしてたくさん観ている。

昨夜はセドリック・クラピッシュ監督の「ニューヨークの巴里男」という映画。

これは、「スパニッシュ・アパートメント」、「ロシアンドールズ」と合わせて、

監督の青春三部作みたいに言われているらしい。

同じ登場人物の15年が描かれているが、出演者も相応に年をとっていて、そこにリアルがある。

 

25歳の彼らと30代の彼らと40歳の彼らを連続的に見て、

ほとんど共通点などないともいえる人々だけど、わかる、と思った。

25のぼくは、初めて就職みたいなことをして、恋人ができて実家を出て、とてもエキサイティングなその毎日は、

毎日誰かと会って電話してメールしてお酒を飲んで外食して日々パーティーだったが、

44のぼくは、世界の事情もあるが、ほとんど彼としか会っていない、外食は稀。

何かを基準に置くと、その変化を「進化」とも「劣化」ともいえるだろうが、

あの頃と今を秤にかけるたしかな基準が浮かばない。

 

映画は一応三部作の完結編という雰囲気だけど、つづく気がする。

というか、つづいて欲しい。

いつになるかわからないが次回作は、彼と一緒に映画館で観るつもり。

大規模に公開されないだろうから、新宿あたりまで観に行くことになるのだろうな。

なんとなく15時くらいの回を観て、早めの夕飯を都心の友だちと食べて帰るのも楽しそうだが、

アラフィフだろうぼくは案外、午前中の回に席をとり、ふたりでランチをして帰るかもしれない。

 

外側からひと息に15年を鑑賞し、時間が流れていく「人生」と名付けられたこの経験を、

あらためて不思議、と思った。

50代が、なんとなく具体的に迫ってきた感じがした。

命が尽きなければやってくるニューフェイズは、どんな様相をしているのだろう?

体は重たく、腰も重く、ますます引きこもり、静かに地味に穏やかに暮らしているというのは、仮定。

それを選ばなくてもいい。

 

今日の自分は、最新系にしてある意味もっとも古い。

どうにも動かしようのないことはあるだろうが、個人に委ねられた部分も大きいだろう。

穏やかは歓迎だけど、なんか、みなぎっていたいな。精神も肉体もワクワクはずんでいる。

そのために、逆算して、コツコツ積み重ねていかないと手に入らないものはなんだろうか?

 

 

ああ、いい映画だった。

二作目の「ロシアンドールズ」はちょっと地に足が着いていない出来栄えと思ったが、

終わり良ければ全てよしとはこのこと。

というか、これは3本で一つの作品。

映っている部分だけの映画ではなく、

監督、スタッフ、キャストたちの実人生が否応なしに含まれてしまう壮大な作品でもある。

なんとありがたいのでしょう。


コメント
コメントする








   

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode