ビューティフルのシェア

 

滝にふれながら、「このエネルギーを憶えておこう」と意図した。

欲しいときに引き出しからそっと取り出せるような感じに、エネルギーを記憶倉庫に取り込んだ。

 

滝のエネルギーを言語化してみると、

無条件に飛び込む、飛び出す、全託、全幅の信頼。

勢いにまかせる、流れを疑わない、常にとどまることはできないしそれを求める必要はない。

どのような瞬間も大きな流れの中のプロセスであり、等しく価値がある。

流れの激しい時と、緩やかな時があり、どちらが良いということもない。

潔さとは、それだけでとても尊い。

わたしたちは全体の一部であり全部である。

美しいものは惹きつける。

美しいものに惹きつけられるとき、惹きつけられるものの美しさを輝かせる(活性させる)。

タイミングとは絶対、いかなるときもより大きな目で見れば完全で、最善最適である。

 

たとえば、思考を使ってこのように言葉に置き換えることはできるけど、

言葉とそのものはもちろんイコールではない。

それを知るには、体験、体感するしかない。

だから、結局、また滝へ行くしかない。

でも、写真やら言葉やら映像やらに便宜的に変換することは有効。

体験した当時の感覚、自分の内部に発生したエネルギーのようなものを、

変換されたものを足がかりに再生することはできる(完全に同じではなくても)。

言葉や写真などで、ぼくの感じ受け取ったそれの一部をシェアすることもできる。

 

 

ということで、ここにおすそわけ。


コメント
コメントする








   

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode