徒然

 

ぼくは時々、Instagramのストーリーズという24時間で消える場所に投稿をしている。

人によっては、「消えてしまう場所に投稿する意味がわからない」そうだけど、

ぼくにとっては、期間限定で消え去るくらいがちょうどいい。

それ以上に、いいねボタンがないところが気楽で、そこを好んでいる。

「いいね」って評価だものね。

評価をされるということは、評価をされないということと表裏で、

評価をされたいという自分がどうしてもいるし、評価をされないことに沈む自分もいる。

だから、”評価”のないストーリーズは、のびのびできる。

 

さて、過日、この投稿をそこにしましたところ、

もう10年とか会っていない、一切やりとりない友人? 知人? より、嬉しい反応があった。

彼の状況はインスタで見ているので、

彼が、ぼくと同じように動物の世話をし、ひとりの人と長く付き合っていることを知っている。

このぼくのある日の記録は、わからないが、彼のために書かれたものだったのかもしれない、なんて思った。

なぜだかぼくが、彼へのメッセージを受信したということ。

 

でも、表現って、そういうものなのかもしれないな、と思う。

自分が媒介となり、誰かの内に不可視の状態であったものを、可視化する。

誰かの(この誰かには自分も含まれている)代表となってアウトプットする。

そのように表現を捉えてみると、評価を恐れて躊躇しているのは違うかな、と思ったりする。

 

 

乳首の位置が妙な絵。

これも誰かの琴線にふれることがあるのかしら。


コメント
コメントする








   

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode