てへ

 

てへ、という気持ちです。

この間ここに書いたことについて、ちょっと反省のようなものをしていて、

それは、外側に何かを求めることは婉曲的なのでは? というものについてなのですが、

なんというか、外側を楽しむことが人間だよな、と。

豊かなバリエーションを五感を使って味わうことこそ人間体験だよな、と思い直したのであります。

 

それはそうと、てへ、ってすごくないですか。

「て」と「へ」を組み合わせると、「てへ」という、ユニークな感情というか状態を表現できるのですものね。

恥ずかしいような、うっかりみたいな、反省的な気持ちをたった二文字で表現できる。

というか、その短い音の響きで、内的なものを伝達、共有することができる。

言葉というものの不思議で、凄まじい便利さを思う。

 

絵は、セクシーな男子の写真を見ながら描きましたが、

てへ、というキャプションを添えると、そのように見えてしまう。

そんなつもりで描いていないけど、なんだか今日のこの気分を表すのに最適すぎて、

予知夢みたいというか、預言的で、いとおかし。


コメント
コメントする








   

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode