7冊目

 

Instagramに投稿し、それをFacebookに連動させてみているのですが、

どちらの世界のぼくの関係者にも、7冊の中でいちばん響いていなさそうだったのがこの本。

紹介者として、この本の魅力を伝えられなかったのならすごく残念!

だって、この本、ほんとにすごく面白いのに。

だって、この表紙、ほんとにかわいくないですか?

 

でも、それがセンスというもの。価値観というもの。

そういうことを思い知るよい機会でもあったな、ブックカバーチャレンジ。

 

個人的にこの企画の真骨頂は、「#ブックカバーチャレンジ」にあるのではないかと思った。

インスタでこのハッシュタグで検索すると、それはもう色とりどりの本がでてくる。

古いのも新しいのも絵本も写真集も哲学書も。

そして、その写真の撮り方にもセンスはもちろん、意図みたいなものが感じられて面白い。

 

気になった本をひらき、その人のプロフィールをみたりして、

この本が好きな人とは気が合いそうだなとか、

いつかどこかで出会うことがあるかもね!などと妄想したり、飽きない。

でも、飽きた。

 

人の本にもっと興味をもつかと思ったけど、そんなに興味がないということを知った。

本なんて、別に読まなくていいなら読まなくていい。

ほかにいくらでもやることはあるし、なにもせずに寝る贅沢を贅沢とぼくは思う。

だから、あえて、面白そうな本を知ろうと情報収集する必要性を感じなかった。

出会うべき本とはどうやったって出会うって思っているみたい。

必要な情報は、どうしたってやってくるに違いない。

 

うれしかったのは、まだ会ったことのないゲイと思しき若い男の子が、

ぼくの投稿を見て、本を購入してくれたこと。

これはわが思い込みではなくて、その人から「のむらさんの投稿を見て買ってみました」と、

ご丁寧にメッセージがあったから。

それは、とてもうれしいことだった。

 

最近、わたしの占星術の師匠に昨年の秋に個人鑑定を受けた際に言われた、

43歳の間に、自分が何を求めているのかとじっくり向き合うといいと思いますよ。

44歳は、おそらく浩平さんにとって流れが早い年になるので。

 

というメッセージを、なんとほぼ毎日のように思い出している。

でも、わからない。いや、わかっていると思っていることが更新されない。

ずっと同じところをグルグルしている。

でも、最近、また本との出会いがあり、そこに記されていた言葉に、

見えなかったなにかが見えてきている感じがある。

 

なにを書いているかわからなくなってきていますよね、完全に。

ええと、そう、その男の子がそうメッセージくれたことにより(それだけではもちろんないが)、

ぼくが、この人生のよろこびと感じることは「コミュニケーション」にあるのだな、

ということを強く感じたのであります。

 

一方的でもけっこう平気なんだけど、

たとえばこのブログとかぼくとSさんとあと数名くらいしか読んでいないんじゃ?

って思ってしまうけど、でも、別にそれはそれとして投稿に支障はない。好きでやっている。

だた、反応があると、格段にやる気がでるし、血が喜ぶって感覚。

自分が肯定されたとか、そういうのともまた違うんだけど、

誰かのなにかの足しになったかもしれないことが嬉しいんだろう。

 

自分勝手に生きているし、わからないが死ぬまで自分勝手に生きていく気がしてきたこの頃だけど、

ぼくにだって、誰かや社会の役に立ちたいという気持ちはあるのだった。

ただ、そうした役割よりも自分が大事っていうだけ。役割<自分

 

無理して人や社会に尽くしても表面的には「マイトレジャー」みたいに言えるかもしれないけど、

絶対そんなことは長く続かない。ストレスが粉雪のように降り積もっていつしか、

もう嫌だ! とすべてを捨て去ろうとしてしまうだろう。

というか、そうしてぼくはいろんなことを投げ出してきた(恋人と別れたり、仕事をやめたり)。

 

って、本の紹介をしようと思っていたのだった!

 

「山頂の聖人」という本は、小学生でも読めそうなくらいに平易だけど、

わからないが、お坊さんとかが読んでも気づきや共感が多々あるだろう、みたいな本。

簡潔で、1話が数ページながら、抽象的でもなく、わかりやすい。

 

実はというか、きのう久々にキャンバスに絵を描いたのですが、

振り返ってみたら、約半年ぶりの絵だった(紙にペンとかでパっと描くのは描いてたけど)。

今年はじめての絵だった。

 

ここ数ヶ月は、ロングスパンのライターの仕事に始まり、

コロナ自粛生活とつづき(5月の展示は延期。1年後の展示はそのお店が閉店となった)、

どうも意識が絵よりも作文に基本的に向いているようで、

小説を書いてみたいなとか思っているのであります。

いえ、実際、友だちとメールに交換日記みたいにして短い小説をバトンし合う(?)ってことを4月に始めて、

だから、ほぼ毎日短い小説を書いているのですが、

書いていて、小説を書くって行為というか、回路の面白みみたいなものを感じ始めているのである。

 

うまく言えないけれど、

目に見えない思いとか考えという四次元エリアに、書くことでつながり、

そうしてアクセスするところにある「何か」。エネルギーみたいなものを、

言葉というものに落とし込む行為というものをぼくは好きなのだな、というか。

なんだか、書きながら自分の中に潜んでいた感情みたいなものが湧き上がる感じも、

ふしぎだし、インタレスティングやなー、と思う。

 

そう、ぼくが小説を書くとき、この本が理想のひとつだな、って思うのです。以下Instagramの投稿の一部。

 

この本を思うとき、井上ひさしさんの「むずかしいことをやさしく やさしいことをふかく ふかいことをおもしろく」という言葉が浮かぶ。「山頂の聖人」は、まさにそんなお話。疲れてしまったときは布団にもぐってペラペラ読む。すると、見たことも行ったこともない聖人のいる山にいざなわれ、心が気持ちよくなっていく。ああ、そうだった、人間はいろいろだし人生にはいろいろあるし、それでいいんだった。って起きあがる元気が戻ってくる。

 

最後に、パっと「山頂の聖人」をひらくことにする。

 

聖人さま、お言葉を返すようでございますが、今までお話ししましたように、あの女はすでにわたしくしをひどく傷つけているのでございます。聖人さまは何かお考え違いをなさっているのではないでしょうか」

 

「だが、わしの目には、あなたはどこも傷つけられていないし、自由で何も問題がないように見えるがの。あなたはこれまでの体験を通して真実の友というものを見つけなさったにちがいない」

 

「あ、ええ。まあ、そうではございますが」

 

「あなたの人生は虚飾をはがされたおかげで、残された部分は純金のように輝いておる。あなたは健康で頭が良く、強い。とても幸運なお人だ」

 

115ページ 第23章「いじめられる女」より

 


コメント
コメントする








   

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode