静的よろこび

 

ぼくはこんな感じなので、家を出ないことが全然苦にならない。

家から一歩も出ないまま1週間とかもまったく平気。

やれることはたくさんある。

 

自粛。と聞くと強いられている感じがしてストレスだけど、

そのように個人と世界とをわけずに捉えてみる。

こうした時世もまた、内なる自分のアイディアと捉えてみる。

私と世界を分けないでみる。

 

外出を控えよと大きなぼくが言うのはなぜ?

それは、外と遊ぶばかりではなく、内と遊んでみましょう、ということかもしれない。

刺激は外から取り入れる動的なものだけではなくて、

じっとして目をつぶって静かに座ってみる、静的エキサイトもある。

 

たのしむポイントを最近発見したのだけど、

言葉にするのはむつかしいが、

じっと座ってなるべく無を努めていると、感覚が変わるのがわかる。

目をあけて動いているときには感じられないような何かを感じる。

それがなにかはわからないけど、今思ったのは、「安心」かもしれない。

 

これはチャンス。

来年からやってくるとされる風の時代へ向けて、

new eraに自分をチューニングさせてくれるまたとない機会と思う。

ぼくはそう思うことを選んでいる。


コメント
コメントする








   

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode