プレイバック

 

上は昔にちょっとだけ住んでいた実家の部屋。

ぼくは絶賛ニート中で、早く働け、働いて家を出よ、というメッセージが込められあてがわれたその部屋は、

マンションの廊下側に面し、窓は開かず、1Fだったためジメジメしていて、記憶の中では独房。

やりたいことも、できることも、どうしていいかもわからず、あれを路頭に迷うというのだろうその日々は、

母の監視の目がしんどく、用もなく昼間に自転車で公園などへ出かけ時間をつぶしたものだった。暗黒デイズ。

 

下はいつかのミッチー。

そういえばこういう時もあった。

そして風呂からあがってきた。


コメント
コメントする








   

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode