day3

話したい、と久しぶりに友人から連絡があり、よもやま1時間半弱話したのは土曜日だったか。

電話というのは、時にとてもたのしい。

家にいながら、外の世界を知ることができ、終わったら即座に自分の世界に戻れる。

アナログなんだかハイテクなんだかわからないけれど、魔法のよう。

 

友人・Kは電話の最後に、手品のようにパっと本をだしてきた。

それはハードな浄化を促す work book「スピリチュアル・レッスン」

よかったら、一緒にやりませんか? と彼女は言い、やる! と即答した。

渡りに船ではないけれど、ここのところの超モヤモヤ期に絶好の誘いと思った。

 

そうして迎えた初日は、最悪だった。

自分と向き合うことがとことん嫌だと感じながら、真面目に取り組んでみたけれど、

どんどんしんどくなり、突っ伏すようにしてホットカーペットに寝ていた。

これを28日間つづけることが、心底嫌だと初めて思った。

過去2回は自分のタイミングで自発的にひとりで行っていたからか初動はやる気いっぱいだったが、

この度はこれまでとは違い、苦行のように感じた。

 

2日目も同様。やる気になれない。とても眠い。向き合いたくない。

なので、ほどほどに取り組んだ。

今回のレッスン28日間の自分の中のテーマは「自分に優しく!」と据えた。

 

そして本日2月3日、day3。以下はおいせさん手帳につけている日記件、スピリチュアルレッスン記。

 

 

【6ハウス・魚座・火星】

 

あたらしいものに、未知なるものにとびこむ勇気を。

自分の力を過信せず、けれど不信をもつことではなく、きっちりとみつめる。

存在が人の癒しになる。

 

 

今日は90年代のドラマを未明にみていた。

90年代の自分と時をこえてつながったかのようなふしぎな時間をへて、また寝て、起きて、

11時すぎ、母から今日の予定をきかれた。

今日は71回目の母のバースデー。16時半に吉祥寺に集合となる。

スピリチュアル・レッスンも急いで行い、1時間半ほど風呂そうじ。

みっちーに急かされ支度をし、出発。

会はとてもたのしかった。おなかいっぱいに寿司を食べる。

その後、実家でケーキ。母の不要物をメリカリに出す計画を実行すべく、ひきとることとなる。

まつわる思い出話などきき、たのしかった。

父母とすごす時間は近年もれなくたのしい。

すごくすてきな夜。1日だった。

明るく生きよう。


コメント
コメントする








   

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode