2人展「uni」(9/21,22,23,28,29)のお知らせ

 

オンリーワンや唯一無二とも違って、

同じ人はこの世に存在しないというような意味で、ただひとつのもの。

スペイン語の unico ってそういうニュアンスの言葉なんだよね。

友だちがそう説明してくれるのを聞き、なんてすてきな言葉だろうと思った。

ぼくたちが手がけた絵や刺繍の作品は、たしかに「unico」だと思った。

uniにつづくスペイン語の言葉は、ほかにもすてきなものがいくつもあった。

そして、uniって、ユーandアイみたいじゃん! と気づき、

ぼくたちの作品のタイトルを「uni」と、させてもらおうと思った。

とにもかくにも、物体としてただひとつしか存在しない作品たちです。

お時間ゆるしましたら、見にいらしていただけましたらうれしいです。

 

*

 

たいへんギリギリになってしまったのだけど、

次の土曜日から、ぼくと、ぼくのカレこと伊藤通洋くんの2人展を行います。

ところは、渋谷は奥渋谷、東急文化村から松濤方面へ10分も歩けばたどりつく「maruta」というお店です。

ぼくは絵を、カレは刺繍の作品を展示&販売します。

 

個人的には、今回ほど気ままに描いた絵ばかりの展示は初めてかもしれない。

ひとりでの展示ではないというある種の気楽さから、うんうん唸るようなことはなく、

描きたいって思ったそのときに描いた。

なにを描こうというのも、まるで決めず、出てくるものをポツポツ描いた。

 

伊藤くんの作品は、ぼくの絵を刺繍してくれたりもして、

半分関わっておいて言うのもなんだけど、とてもかわいいです。

絵も、なんだかかわいいな、とか思ったりもして、何枚かは家に飾っている。

 

展示の場所を提供してくれたmarutaさんとは

去年の今くらいに友だちが紹介してくれて出会った。

飼っている猫の名前が同じだったり、同じお菓子の空箱を大事にしていたり、

おもしろい偶然が重なったことも手伝い、

ぼくはお客さんだったにもかかわらず、そのまま話し込み、

その後、わりとすぐに八王子の家にも友だちと遊びにきてくれることとなった。

 

matutaのたまちゃんと、あきらくんのふたりが、

打ち合わせに行ったときに、ああだこうだと、新メニューの話をしているのを眺めていて、

変な言い方かもだけど、男女のカップルもいいなー、と思った。

(ぼくにとっては男女カップルがイレギュラーというかなんというかなもので)

ちがう個性のふたりが、それぞれの個性をそのままに、

噛み合わないところもありながら、だけどうまく回っている。

そのあり方が、ぼくたちのようだ、と思った。

 

そんな maruta での展示は、好きなものを好きなように飾ろう!

そのようにも思った。

 

とっても近々で、もう予定が入ってるよー、って人も多いのかもと心配もありますが、

きっと、それでも巡り会える人と巡り会える機会になるだろう、と、楽観もしている。

 

あ、と、見えない針がピクリと動いた方いらっしゃいましたら、

ぜひぜひお越しください!

いっしょに、秋の午後をすごしましょう。

 

作品展「uni」

渋谷区神山町17−1第二渡辺ビル3A 「maruta 」

電話 03-5738-7083

 

在廊日:9月21日、22日、23日、28日、29日にいます。13時〜20時頃

平日は、基本的にランチタイム(11:30〜14:30)の営業時に、

見づらいかもだけど、見ることはできます。

ぼくらの在廊日は、鯖サンドやおつまみプレートなどと、ドリンクがたのしめます。

 

 

どうぞどうぞ、よろしくお願いいたします!

 

のむら


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode