この気持ちいい緑のしたで、ぼくはサンドイッチを食べた。

たしかセブンイレブンで買ったのだったかな、そういうサンドイッチ。

どこかお店に入って食べるのもいいかも、と思ったけれど、

とっても暑かったが、その暑さで冷房で冷えた体をあたためてもらいたかった。

サンドイッチは、とてもおいしかった。

ぼくは、この人生のいつまで、そのようなジャンクなものを口にするのだろう。

でも、いつまでもときどきは口にする自分でいるような気がする。

好きなもののなかに、そのようなものがある自分が楽だなあ、って思う。

そういうことを思っている。

自分を白か黒かはっきりくっきりさせることなんてできないのかもな、って。

基本的な立ち位置みたいな軸があって、つよい風が吹いたときにはおおいに揺れて、

でも、ちゃんと自分のいるべき場所、自分が健やかで軽やかにいられる地点に戻る。

戻れるのだったら大丈夫。

なんだかんだと日々いろいろある、超しんどいこともたくさんあったけど、でも、最後には、

しっかりと自分の場所にもどっていた。だから今日がある。

 

自分の場所は自分の中にしかない。

物理的な場所なんかじゃなくて、時間も空間もこえた、目に見えないそこは、

ぼくの意識がつくるスペース。

 

自分のための時間をつくって、自分のためにいれた好きな飲み物をもって、心地の良い気に入りの恰好をして、

外が春だろうと夏だろうと寒かろうとそのようなものに惑わされることなく、

自分の大事な自分を、ひきつづき育んでいこう。そう思う。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode