answer その1

21日の個展内のイベントの中で「アーティストトーク」ってな企画があり、

なにかぼくがおしゃべりする時間とそれを捉え、

満月デーに来てくれた人の何人かに、

当日話す内容のテーマか質問を考えて欲しい、と頼みました。

 

けっきょくは、トークはなくなりライブペインティングとなったため、

いただいた質問にはここで答えさせてもらおうと思います。

 

この度は、質問を考えていただき誠にありがとうございました!

 

 

Q. 

悶々としてる時、何する?(絵を描く以外)

 

A.

悶々としているときはまず、自分が何に悶々しているのかに向き合うかもしれない。

何にひっかかっているのかわかれば、それに対処しやすい、と思うし。

悶々に向き合うためにすることは、まず喋ること。

だいたいは即座にカレシに話します。

話すというか、それは本当に一方的で、

カレの意見とかが聞きたいということはあまりなく(失礼!)、

話しながら頭の中を整理したい。

 

それでクリアーにならなければ、ノートを出してきて、そこに浮かぶ言葉を吐き出してみる。

書くって、漠然としたものに方向性をつけてくれる力があると思うから、

まるで授業のノートみたいに、矢印とかアンダーラインとか使いながら、

自分の内側を言葉だけでなく図解してみようと試みます。

 

それでもすっきりしないときは、ジャッジメントをせず、

自分とは次元の違う考え方をもたらしてくれそうな人の意見を聞いてみる。

あとは、タロットカードや本などにもやもやの原因を尋ねてみることもよくします。

 

そのようにして”悶々要素”をできる限り言語化、素材集めをしたら、

気持ちいい場所を超ゆっくり散歩しながら、ずっと思考と向き合ってみることもします。

 

とにかく、ぼくの場合は、悶々をそのまま放置していられない性分なので、

バッティングセンターで解消! とか、そういう豪快な方法はとらないですね。

ただ、考えすぎちゃうとドツボにハマることがあるから、

そうした時は瞑想気分で、温泉とサウナに入りに行くこともある。

 

Q.

暇をもてあました野村さんの遊びは?

 

A.

”年収100万以下で楽しく暮らす方法”みたいなことが書かれていた、

30代前半の男性の本(タイトルまるで覚えていない)を以前に立ち読みした際に、

うん、うん、とすごく共感したのが、

お金よりも時間に重きをおく生活(生き方?)をするには、

「暇が苦じゃない」という性質が大事。というような意見でした。

 

ぼくはとにかく、本当に寝ることが好きで、

寝てる時間がもったいない、と思ったことがひょっとすると一度もないかもしれない、

というくらいに寝ることが好きなので、暇なら寝る。

昼寝って、昼にしかできないわけで、

いろんなことができる中、ゴロゴロ寝るを選ぶことに、ちょっとうっとりしてしまう私なのです。

ああ、最高に贅沢なことをしてるなー、って思える。

 

とはいっても、寝てばかりいると夜に眠れなくなったり、腰が痛くなったりするので、

昼寝は日常ではありません。

じゃあ、何をしているんだろう、暇をもてあましたとき。

あ。そして質問には”遊び”って書いてあった。

 

遊びとは違うのかもだけど、時間はあるけどやる気が出ないときにすごく良いのが、床掃除です。

ウェットティッシュみたいな床をふくやつを使い、雑巾掛けみたいなことをしていると、

まず体があたたかくなり、場合によっては汗がでて、

そうしているうちに、だるさも抜け、さらに目に見えて家の中が輝きだす。

一挙両得アクションです。

 

床磨きに限らず、掃除とか整理整頓は、よく言われることだけど、

本当に内側も整えてくれるように感じます。

その仕組みはわからないけど、単純に、

ストレスを感じるたとえば散らかった部屋にいると、

それに慣れて、意識的にはノーストレスだったとしても、

無意識レベルでは、きっと環境の乱れに疲れるのではないか、と思う。

 

その原理というかは、

ぼくの場合は、ネットとかで文章を読んでいるとけっこう誤字脱字が目に飛び込んでくるのですよね、

それは、探そうとしているわけではないけど、飛び込んでくる。キャッチしてしまう。

そういう、目の働き?と似ているのではないかと思う。

 

意識はしていなくても、実はキャッチしていて、そして無意識レベルでそれをあえてスルーする。

そのような、もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対、

的なまどろこしいことを人は自然とやっている気がします。

その待機電力みたいな無駄エネルギーを減らすことで、

自分の”これ、したい”、”こうしたい”というソウルボイスが聞き取りやすくなるのだろうと思っています。

 

遊びは”遊び”だから無理してすることではないだろうと思うとき、

遊びの前に、遊び心が浮上する心身環境づくりが大切なんじゃないかな、と思います。

 

 

Tさん、すてきな質問をどうもありがとう! 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode