1月11日 ひらめきの夜

 

健康は、手に入らない。なぜならすでに健康だから。

そういうことだ。手に入らないものの中には、すでに手にしているからこそ手に入らないものがある。

なくした時に手にあったことに気がつき、もう一度手にしたいと求める。

 

ぼくは、何を欲しがっているのかと、さっき、旅する友だちのインスタグラムの投稿を目にし思った。

物はたくさんもっている。食べものもあって時間もある。

ぼくはただ、もっと自分をおもいっきり表現してみたいのだと思った。

 

根拠はないけれど、どうやらぼくは、自分のことを高くかっているのかもしれない。

もっと面白いはず、と。もっとあらわせるはず、と。

そして、そのあかつきには、誰かのおおきな称賛のようなものがまっているはず、と思っているみたい。

機会が与えられたらできるのに、と。

ならば、機会を自分で与えればいいのだろうね。

自己満足。自分が満足できたらよいのだ、きっと。

満足というか充足感。

 

さっきお風呂で絵とむきあっていて、自分が何をしているのかよくわからなく、

とっても手におえないことをしている気持ちになった。

だけど、やめたところで満たされない。

自分を満たすものは表現だとしっている。

そこを避けたところで他に興味があることがないのだ。

買いものも、モテることも、お金稼ぎも第一にあるものではないのだとしっている。

逃げることがもうできないところに人生の歩みはすすんでしまったということかもしれない。

あとは、やるだけ。

おこなうしかないのだろうな。

 

痛みのない身体、

雨風しのげる家、

すばらしい恋人、

かわいい猫たち、

やさしい家族、

たのしい友人、

お金を得られる技術。

 

ひとつひとつ、少しずつ時間とエネルギーを注ぎ、40になるまでに手に入れたのだ。

いや、手にいれるものではないのかもしれないが、自分の体感というのか感覚として、

それらはすでに在るのが今日なのだ。

それらを強く求め、行動し、そのようになった。

 

同じところをグルグル回っていても仕方がない。

あたらしいところ、在り方へ目下、日々むかっているということだ。

それには人と比べても、人に従っても意味はなく、

自分の求める道をゆかなくてはならない。

 

今日、めい想の時に、罪悪感が浮上。

人の役にたっていない、自分のために生きていることへ罪の意識をもっていると気がついた。

それは、人として当然のことのように思えるほど深く思いこんでいる価値観なのだった。

 

働くことは、お金を得ることであり、それは誰かの役に立ったということで、

お金を稼ぐ毎日でないことは、人の道を外れた、人様の役にたっていない毎日ということで、

そんな自分を認めない、罰する自分がいる。

でも、より強い自分は、それでも自分を優先させることを選んでいる。

だから、この日々がある。

 

このかっとうを手放せたら、今よりも気分が軽く、楽になれるのだろう。

とはいえ、仕事を断っているわけではないのだからいいではないか。

NOとはいっていない。きたらやるのだからよいではないか。

人に求められていない今は、自分の求めに応じたらよい。

ねたいならねればいいし、働きたいなら働けばいい。

そして、絵なのか文なのかとにかく、自分の人生のために創作をつづけよう。

焦らず、逃げず、ただやろう。

 

そんなことを思った1月11日。1、1、1。

明日は満月。

 

 

2年前の今日のぼくは、そんなことを思いながら床についていたみたい。

2年後のぼくは、映画をまたレンタルしてきてみた夜。

アッバス・キアロスタミ監督の「桜桃の味」。

 

自殺したい主人公の1日のことを描いた物語。

 

ぼくも死んでしまいたいって思いつめていた時代があって、

ちょっと懐かしく、いつかの狂いそうな夜のことが残り香みたいにふわっとよぎった。

 

あの頃のぼくは、どうしたらいいかわからない! って発狂寸前だった。

今のぼくは、死にたかった時代には「あたりまえ」だったことが、

生きていることのよろこびみたいに思えていたりする。

 

あったかいごはんとか、好きな人と飲むコーヒーとか、

友だちとおしゃべりとか、くだらないテレビをくだらねーと言いながらゴロゴロみるのとか、

お風呂とか、読書とか、作文とか、絵とか、

そういう日常のいろいろを、

いつもじゃないけれど、ふと、

ああ、いいな。

って思える。

 

このあたりまえのことを支えてくれているのは、

あたりまえの奇跡的な連なりというか連動というか関係なわけで。

なにかひとつ違ってしまえば、すべてが違ってしまうことだってある。

 

とにかく、今日も豊かであった。

車の中でひとりで大きい声で歌ってたのしかったし、

200円の好きなペンの初めての0.4mmをつかって手紙を書いて出して心がおどったし、

友だちとご飯の約束をしたし、

これからお風呂で今日買った樹木希林さんの残した言葉の本を読むたのしみが待ち、

さらにあたたまりゆるんだ体で布団乾燥機であたためた布団にくるまる幸福感は外が寒い冬だからこそ。

明日の昼はトーストに何をのっけて食べようかとおよそ12時間後のたのしみもある。

 

2年後の1月11日に、まだ生きていたら、またここにその日のことを書いてみようかな。

 

see you again!!


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode