ゆるします

 

今年が終わろうとしている。

毎年思うし、毎年のようにここに書いている気がするけど、

1年という単位があってよかった。

 

とにかく、明日には一度終わる。

2018年という数字をあたえられたこの1年間が完了。

 

寝て起きて新しい年がやってきたからといって何かが変わってしまうことはないのだろうけど、

でも、気持ちをあらたにすることの助けになってくれる。

 

今年はよく働いたなー。やりたいことをやれたし、

思わぬことがいくつも起こった、やることができた。

 

この年末、

頭の中に「許す」ってことについてパっと閃いたことがあった。

 

許すって、たとえば誰かを許すとき、ほんとうに許しているのは自分なんだな。

 

遅刻する誰かを許すということは、

遅刻を許せない、遅刻はよくない、ダメなことだ、という思い込みをもつ自分を認め、許し、

その「こうあるべき」というこだわり、こわばりをリリースすることなのだろう。

 

許せないことは、それを許すためにこそ存在しているのかもしれない。

 

ぼくは、まだまだ後悔とか罪悪感とか、自分はダメだとか、

自分を許さない自分がいるけれど、

重たいものを背負いこんでいる自分を、認め、許してみよう。

 

自分が行ったなにかが、世界、宇宙にとって本当はどのような意味があったかはわからない。

悔やんでしまう言動が、もしかしたら、大きな目で見たら、

思いもよらぬすばらしい働きをしていたのかもしれない。

 

今日生きているということは、生きることをゆるされているということ。

 

ほんの1cmくらいずつでも、生きていることへの感謝をふくらませて、

ごきげんに生きていこう。

 

今年もお世話になりました。

どうもありがとうございました!


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode