存在



きのう、とても純粋な人たちとあった。
彼らにふれていて、ぼくの全身はニコニコとしたけれど
彼らのなにかを汚してはいけない、と清い自分を意識もした。
夜、すこし泣けた。
よくわからない衝動があって色をぬっていたら、涙がでてきた。
それは、ないことにされてきたぼくの一部だった。
緊張がゆるんで、ただ自分であることがゆるされて、ほっとしてそれは流れた。
人は、なにをするのでもなく、
じょうずに笑顔がつくれなくても、うまくしゃべれなくても、
ただ生きていて、おそれながらも、逃げながらも、傷つきながらも生きていて
誰かやなにかに魂のようなものを売り渡さず存在していたら
その存在は、いついかなるときも世界を癒すのだとおもった。
みんながそのままでいられる世界のためにぼくもそのままでいようとおもった。

コメント
Taoは、とても手のかからぬ子で、おなかがふくれていると、始終ニコニコしているんですね。そうすると、大人が嬉しそうに、「おりこうさんだねえー!」と声をかけます。わたしも、嬉しくて、つい、「おりこうさんだねえ!」といい子いい子をしていたのですが、最近それをやめました。
そして、かわりに、「Taoくん、おりこうさんだねえ!でも、たおくんが悲しくても怒っても、おりこうさんじゃなくても、マミーはたおくんのことを大好きだよ!」と言うようになりました。

純粋な存在を前に、わたしも自分の持ついくつもの顔と向き合う日々です

みんながそのままでいられる世界になりますように。

  • スー
  • 2015/01/11 1:08 PM
スーさん、コメント、どうもありがとう! 
子育て未経験者のぼくにはぜんぜんわからないただの想像だけど、
猫との関わりあいを考えると、
ぼくは、自分の都合良いときに褒めて、
自分の都合悪いときに叱ってしまいそうな気がします。
大人の都合優先。
でも、子育てってそういうものじゃないんでしょうね。
子供に育てられるとかいいますし。うむ。

赤ちゃんや、年を重ねても、本当に純粋な人っていますね。
純粋な彼らと向き合うには
純粋な彼らとコミュニケーショんをとるには
自分も純粋にならないと交流できないなあ、と思いました。

いつかTaoくんと会ってみたいな〜。
  • リー
  • 2015/01/12 12:36 PM
素敵なブログですね。

これからも時々拝見させていただきますね
  • ゆうすけ
  • 2015/01/13 9:16 PM
コメントを、どうもありがとう〜。
先日も、どうもありがとうございました!!
ぜひ、また、見にきてくださいな^^
  • nomura
  • 2015/01/13 9:56 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode