スティル・ライフ

笑ってしまうほど、今日の雨にぴったりな音楽。

Haruka Nakamura 「Still Life」。

スティル・ライフという言葉を初めて目にしたのは、池澤夏樹さんの小説「スティル・ライフ」。

 

池澤さんの小説は、当然のように一文字も覚えていない、なんにも記憶にないが、ただ、

その言葉がすごく好きだったのと、文庫本の表紙や感触が好きだった。

池澤夏樹の「スティル・ライフ」を読む自分が好きだった。

そういう青い感性みたいなものは、一過性と思っていたが、そうではないみたい。

あれからゆうに20年は過ぎたが、今も、”そんな自分が好き”って感情は健在。

あ、今思ったのだけど、”そんな私が好き”ということが、美意識なのかもしれない。

 

それをたしなむ私、それはしない私。

その自分にしかない線引きを大事に生きていると、目に見えない結界みたいなものがつくられ、

「自分の世界」が立ち上がってくるのかもしれない。

 

 


| 1/1PAGES |

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode