past days

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾道。大林映画で憧れていたその土地に、あのすごい坂道に訪れることができたのはどうやら2014年のことのようだ。

 

新幹線にえんえん揺られながら、「何時間も電車を乗り継ぎここは静かな町・尾道」と歌う小沢健二を何度もリピートして、

この人生に感謝をしていたのは、けれど夏だったのか秋だったのかよく憶えていない。

でも、仕事のおわった田中さんと落ち合って飲んだビールがすごくおいしかったから、

たぶん暑い夏だったのだろう。

 

これまで何枚もデジカメやらケータイやらフィルムで彼の写真を撮ってきたけど、

寝起きです、みたいなミッチーのこの写真がいちばん好きかもしれない。かわいい。

 

ふと気づく。

いっしょに暮らすってそういうことなんだなあ、って。

寝起きで、写真とかいいから、みたいな顔とか、

ちょこっと具がある即席ラーメンみたいなおそらくは夜食とか、

ぼくたちが、デートだけしている間柄の時代には見ることはできなかったかもしれない。

 

見慣れた川、見慣れたアンくん、見慣れたミッチー、

産気づく前日だったかの綾子さん、気だるげで色っぽいくうこ、

うなされそうなエネルギーの原爆ドーム、

即座に大好きになり、大好きのまま後にした尾道、枯れてしまった赤い花。

 

写真になったすべては、けがされることのない四角い枠のなかで輝いている。

これまでぼくの世界に登場したみなさん、どうもありがとう。


地球の




 

フィルムで撮ったこの夏の写真


八王子の、市役所の、ところ。


ハトいい感じ。


けっきょく食べ損ねた。


どこで撮ったのか忘れた。


聖子武道館100回記念コンサートのあと。


おさななじみ(二人ともこの写真嫌がりそう)


さわさわと。美しいっす。


音がきこえてくるよ。きれいな写真だね。


夏のわたし。髪型やばいね。


色の力。ピンクの波動。


愛想のない恋人。


まったくおぼえていない。忘れられたいつか。
 


ショーケー



夏とか春の小景。
ぼくが忘れてしまっても
写真はおぼえていてくれるのだ。
ありがたや。



ゴールデン、ウィーク。



そんな昨日は、気がつきました。
ここのところの、でたい、でたい、でかけたい、なにかしたい熱とは
逃げたい、背けたい、やりたくない、という力なのかもしれないぞ、と。

どこかへいって、だれかにあって、気分をかえて、変化したい、と思うのは
ほんとうの望みではないかもしれない。
証拠に、からだは動かない。
でかけていかない。

ここはじっとして、
やりたくないけど、やりたいことにむきあってみよう。
と、思う時間をへて、
本日はすこし前におきました。
熟睡。

インスピレーションにしたがう午後にしてみよっと。
ピース。




| 1/1PAGES |

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode