welcome MY FLOWER !!

 

本日17日から、来週の日曜日は24日までの9日間(12-18時 最終日は17時まで)、

銀座一丁目駅徒歩1分のギャラリー403にて、

絵の作品展「MY FLOWER -ぼくの花-」をひらく運びとなりました。

毎日います(21日のみ15時前後からいます)。

よかったら、のぞきにいらしてください!

 

not スマホユーザーなもので、

パソコンメールやらSNSは家をでたら見られないことが多いです。

急ぎのなにかがありましたらケータイならしてください。

またはhi-ga-ko @ ezweb.ne.jp までメールください。

 

よろしくお願いします!!


eat LOVE day5

 

 

 

 

eat LOVE と名付けて写真家のきくちよしみさんがぼくたちの暮らしを撮りにくる。

毎回、ふりかえるといろいろな感情に気づくが、

行き着く先はいつも、ぼくはこの暮らしが大好きなんだなあ、ってこと。

だけど、その場その瞬間にはなかなか気がつけない。

 

カメラごしに愛の目で ふふふ と見られると、

あ!そうだった! と今日のありがたさを思いだす。

 

撮影:きくちよしみ 料理:伊藤通洋 洗い物:野村浩平


個展をします

 

6/16〜24までの9日間、

銀座一丁目にありますギャラリー403という場所で

作品展をさせてもらうことになりました。

 

タイトルは「MY FLOWER -ぼくの花-」としました。

 

 

3月の展示のときに花の絵が売れ、

その絵を気に入ってくれた別の方が「花の絵を描いて」と依頼してくださり、

そのとき家にあった花を眺めながら絵を描いた。

 

ふしぎなもので、そのあたりから花に意識がむくことがふえ、

花、花、花と思っていたら、このような絵を描いていました。

 

ん? これが花? ちょっと違うような。

などと、その絵をみているうちに、

これはぼくの花なのかもしれない、と思いはじめた。

 

たぶん、ぼくは人と感性がちがうのでしょう。

いや、誰だって誰ともちがう感性をたずさえ生きているのにちがいない。

それは、すこし悲しかったり、おそろしい気もするけれど、

ほんとうにどうすることもできず、どうすることではない。

ええ、これが私なのですと、ひらきなおって生きていくしかないのかもしれない。

 

ぼくはいろいろと怖いことがあって、

人の目や評価が気になって、本音をいえば、すべての人に「いいね」「すばらしいね」と言われたい。

でも、そんなことはきっと無理なのだ。

 

そういうことが「世界は一つ」ということなんかじゃなくて、

誰ともことなる目を、耳を、姿形をもち、

それをつかって感じて、思って、考えて暮らしている。

 

唯一無二のぼくだけの花でいいじゃないか。

いびつでも、哀しくても、愚かでも、醜くても、

ぼくはぼくの味方でいたい。

あなたはあなただからいいのよ、と母のようなまなざしで自分を愛していく。

 

あたらしい絵たちをながめ、そんなことを感じています。

 

期間中は毎日在廊しています。

小さいギャラリーには小さい窓がひとつあって、

窓からは緑がみえて風が吹く。

とても気持ちがよい空間です。

 

雨の日も晴れの日もきっとすてきな時間が流れているとおもいます。

お時間ありましたら、ぜひ立ち寄っていただけたらうれしいです。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

野村浩平


今日の感性

 

人間をやりにここへきたんだなあ、って思った。

人間の、この人、野村浩平という人をやりにきたんだなあ、って。

 

感性や感情に良し悪しなんかなくて、正否もない。

そのすべてを、へー、これがそれね、ってな距離感でおもしろがったらいいのかもね。

 

自分をなくすことが人生ロードかも、と考えてきたけど、

なくすなんて馬鹿げていて、

自分とみつめあって踊ることで

気がついたら手と手をとりあう大きな輪の一部となっているのかもしれない。


LOVE DAY

幼なじみと外でゴロゴロという至福

 

しじま

 

トワイライト恩恵

 

チル。ただチル

 

りょうちゃんの世界

 

描かれてみたい

 

クールなギャラリークールな女たち


poem

 

Hello,my friend

あなたには才能があります。

 

まずは、

うわーーーーーーーーーー!!!!!!

って叫んでみたら!?

 

そんなんじゃない!!!!

ってダダをこねてみたり!?

 

昨日なんてもうしらない。

ぼくらは今に生きている。

今、今、今!

 

さあ、深呼吸。

吐く息とともに

自分じゃないものを

ぜーんぶ

土にかえしちゃおう。

 

ほら、かるくなった。

うんとあかるくなった。

 

あなたにはすばらしい才能があります。


Flow デー

 

頭でいくつもルートを考えていた午後は、

思いがけないことの連続であれよと想定外に動き、

最後は西荻で生ビールを飲んでいた。

ああ、おもしろい1日だった。

 

焦らなくて大丈夫なのかもね。

落ちついてご機嫌にいれば、たぶんすっごくうまくいく。


ふと思った

 

誰にもやさしくありたいならば、どのような自分にもやさしくいればいい。


プレゼント

 

ピンときて、起きぬけに、

今宵のおうし座の新月にささげる気分で花をかいにでた。

 

これなんですか、と無知をさらしながら、

カーネーションとガーベラを一輪ずつ買うと、

これ、よかったらどうぞ、と、鉢に入ったこの花々をくれた。

 

なんだろう、このうれしさ、ありがたさ。

贈り物ってこんなにうれしいんだったのか。

 

母の日がいつかもおぼえられないし、電話一本かけない息子は、

ペタペタとサンダルをならしながら眼下の川のきらめきに、

生きていることへの感謝を抱かずにはいられなかった。

 

プレゼントの語源は「あらかじめある」ということらしい。

ひらめきを形にしたことを宇宙が祝福してくれたのかもしれないなあ、と

ただただ愛らしい花たちに思う。


ぼくの5月

 

 

ない、ない、と思っていたものは、すでにあったのだなあ。

 

毎日はいつもちがっていて、

けれどどこか似ていて。

だから、よく目の曇りをぬぐわないと、

とおりすぎてから、喪失感にそれをおそわることになる。

 

むつかしいのだけどね、日常の輝きをその瞬間にキャッチすることは。

でも、そこにしか真実のようなものはないのかもしれない。

 

 

ぼくとカレよしみさんの創作活動 「eat LOVE」 5月の午後より

 


| 1/126PAGES | >>

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode