eat LOVE

 

なにをいまさらだけど、火が青い。

青い火に熱されて、野菜や肉が煮込まれていく。

かたくて、青臭くて、生臭くて、とても食べにくいそれらを、

手を替え品を替えコトコト変容させていく。錬金術。

 

人が、「クリエイティブ!」などといって、好きに勝手に扱うのではなく、

素材という名の命に道筋をしめすみたいなことなのかしら料理って。

 

 

猫はミュウちゃん、撮影はきくちよしみさん。


eat LOVE

 

きょうは新月。月と太陽がかさなる日。

新年度最初の新月には、ものごとをはじめる後押しのパワーがやどっているらしい。

なにかこの日にはじめたいな、誓いをたてたいな、と思ってここをひらいた。

 

先日、きくちよしみさんがカメラをもって家にきた。

ぼくのカレシであるミッチーの料理を彼女に撮影してもらいたいな、と、ふと思い、

展示の搬入の日にそのことをおそるおそるよしみさんに伝えた。

 

とりたーい。

 

ものすごくかるく彼女は答え、

あまりのライト、フラットさは、

おいしそーう。とか、やせたーい。みたいなムードの返事なのかもしれないね、と、

そのときのぼくのどこかは思った気がする。

 

展示期間中はなんやかんや、てんやわんやによって、

ミッチーのサポートを強力にお願いすることは、毎度のこと。

そして、彼のそうした性質はぼくにだけ注がれるわけではなく、

気がついたらよしみさんの設営も手伝っていた。

 

その日の夜だったか翌日だったかによしみさんは、

ぼくとカレの気配? エネルギー? がとても似ていることに驚いた瞬間によって、

「ミッチーさんに興味をもちました」と言った。

 

そうしてやってきた4月のある日、

3人でコーヒーを飲みながら身の上話の午後をすごし、

スーパーの買い出しに二人はでかけ、

ちいさいキッチンに本格カメラを手にした彼女は彼や猫やぼくの在る風景を撮った。

 

1年くらいかけて撮ってみたい。

そのようによしみさんは思ったみたい。

 

この新月には、自分が大事にしていること、大事にしたいことを表明するとよい、という言葉を目にした。

ぼくは何を大事にして今日からの人生をすごしていきたいのだろう。

 

宣言、というほどにクッキリしたことは言えないけれど、

ただ、自分らしく、自分のまま、自分は誰とも同じではないのだという意識を真実として刻み、

このわたしであるという一度きりかもしれない経験を尊びたい。

 

そんなことを思っている。


アマチュアン

 

つまらない顔をしていると

つまらなそうな人となる

 

人にきげんとってもらうなんてアマチュアでしょう

ぜんぶ自分でえらんでるんだから すきにしているのだから


おめでとう!

 

ぼくの心の師匠、小沢健二さんが本日50回目の誕生日をお迎えになりました。

 

今世、生きた小沢さんと会っておしゃべりする機会がやってくるだろうか。

やってきたらどうしよう。

やってこなかったらどうしよう。

どっちでもいいです。

 

だって、もう十分にいただいてますもの、あらゆる目にみえないなにかを。ありがとう!


landscape

 

退屈しちゃった と いってみたら 

すごく たのしくなれた

 

自分の感覚を大切に動くって悪いことじゃない

すくなくとも自分をいいなって思うこととなった

 

Book off にて

かつての自分だったら買っていそう

ほしいと思いそうだって本をいくつも手に、目にしたが

なにかがちがうと気がついていた

ピンときていないってそういうこと

 

自分は重層的な存在

低次元の私 高次元の私

むしゃぶりつきたい私

ぎんみしたい私

 

食べ放題は値段があらかじめわかって、決まっているので

値段のことを気にせずに食べられる反面、

じつはそれも値段にしばられているということに気がついた夜


あかるい花

 

ぼくのノートには誰にむけられたのかわからない言葉がかいてあったりする。

時間が経っちゃうとほんとに自分が書いたのかしらっておもう記憶喪失的性質を利用して、

しれっとここにコピペしてみよう。

 

 

あなたはこの世界にインスピレーションをもたらす人です。

あなたは簡単に、一瞬で宇宙の澄んだエネルギーとつながり、おろすことができます。

そのエネルギーは強力でとてもせんさいです。

そのエネルギーは人々に気づきをもたらすことになります。

 

唯我独そん。

 

わが道をゆくことを恐れないように。

人と比べないように。

人とちがうことを恐れないように。

あなたにはあなたにしかないものがあります。

それが個性です。

 

 

これを目にしたあなたにむけられたメッセージなのだろうと今日のぼくはおもいます。

すてきな人生ですね、ユー。


心象風景

 

すごく好きだったのにすっかり忘れていた。

メランコリックなピアノに、いつかの光を思い出す。


ありがとうございました

 

おくればせながら、

春の展示にいらしていただき、気にかけていただき、

誠にありがとうございました。

 

いろいろ書きたいような、

なにも書くことがうかばないような、

まだ揺れている感じのする今日なのですが、

とにもかくにも、とても充実したハッピーな10日間でした。

 

ぼくにとってスペシャルなその毎日に、

いったいなにを受けとったのか。

いや、さまざま思うこと、感じたこと、考えたことはあるのだけど、

そんなことより寝たい、ボーっとしたい気持ちつよく、

もっかここで言葉にできるまでに至っていないみたい。

 

ただ、

へんな話、

私が気分良くいるということがやはり大切なのだな、と思う。

 

自分が快適で、ウキウキと弾んでいるとき、

混んだ電車も、非情なアラームも、ダルい足腰も、どれもこれも、

ま、いいか、お先にどうぞー。 

と、なれる。

 

だから、欲しいだけ眠ったり、おしいものを食べたり、好きな人とあそんだり、

以後さらにさらに自分に尽くしながら生きていく!

 

そんなことを思う今日なのであります。

Let`s ごきげんよう〜。


音楽そして、絵や写真や言葉やの宴のお誘い

 

明日、3月最後の日であり満月デーは「ニュー Hello,」展に、

マリンバ奏者であり打楽器奏者である千田岩城くんが演奏をしにやってきてくれます。

 

千田くんとは去年、友だちの営むバーで隣にすわったことにより知り合って。

ちょうど個展をしていたので「よかったら」と案内状を渡したら、

数日後にほんとにやってきてくれ、仲良くなった。

 

満月ということもあり、

勝手に「Full Moonパワーの恩恵を受け宇宙とつながるような演奏をして!」とオーダーしてみようと思っている私。

だいたい17時半くらいからパーカッションの即興演奏をしてもらいます。

 

とくにチャージなどはいりませんし、

桜はないけど絵や写真や言葉などを肴に、

好きなものをもちこみ、飲み食いしながらいっしょに演奏をたのしみ、

みんなで「Hello!」と語り合う宴にしたいな、と思っています。

 

お時間ある方、ぜひぜひいらしてくださいー。

ちなみに展示は4月の1日までやっています。

初日、2日目とはまーったく違う展示になっているので、

前半に来ていただいた方も、よければもう一度!

 

どうぞよろしくお願いいたします!

 

のむら

 

 


予定変更

 

友人たちより「明日の昼に行くね」「明日の夕方に行くね」と連絡をもらいまして。

ぼくも「行くね!」となりました。

 

いつものダラダラとは一転、

毎日アラームかけて起きているたったの4日間にヘトヘト的な私ですが、

でも、行ったらやっぱりすごくたのしくて、あっという間に夜になる。

ほんとにありがたいです。

 

ということで明日は在廊し水曜日を不在廊にさせてもらおうかと思っていますが、

水曜日に行こうとおもってたのに! という人がもしもいらしたら、

そのままメッセージくださいな。そしたら行きますのでね。

なんたって、そのためにこそひらいているのですもの、どうぞノー遠慮でお願いします。

 

ぼくの連絡先を知らないのでしたら、

ここのコメントか、hi-ga-ko @ ezweb.ne.jp にサクっとメールくださいませ。

 

どうぞどうぞよろしくお願いします!

 

のむら


| 1/125PAGES | >>

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode