たのしい

 

音楽への憧れが消えない。

だって、こういうのたのしいものね。

いろんなところから fun が呼び覚まされる感じがする。ありがたや。


1月11日 ひらめきの夜

 

健康は、手に入らない。なぜならすでに健康だから。

そういうことだ。手に入らないものの中には、すでに手にしているからこそ手に入らないものがある。

なくした時に手にあったことに気がつき、もう一度手にしたいと求める。

 

ぼくは、何を欲しがっているのかと、さっき、旅する友だちのインスタグラムの投稿を目にし思った。

物はたくさんもっている。食べものもあって時間もある。

ぼくはただ、もっと自分をおもいっきり表現してみたいのだと思った。

 

根拠はないけれど、どうやらぼくは、自分のことを高くかっているのかもしれない。

もっと面白いはず、と。もっとあらわせるはず、と。

そして、そのあかつきには、誰かのおおきな称賛のようなものがまっているはず、と思っているみたい。

機会が与えられたらできるのに、と。

ならば、機会を自分で与えればいいのだろうね。

自己満足。自分が満足できたらよいのだ、きっと。

満足というか充足感。

 

さっきお風呂で絵とむきあっていて、自分が何をしているのかよくわからなく、

とっても手におえないことをしている気持ちになった。

だけど、やめたところで満たされない。

自分を満たすものは表現だとしっている。

そこを避けたところで他に興味があることがないのだ。

買いものも、モテることも、お金稼ぎも第一にあるものではないのだとしっている。

逃げることがもうできないところに人生の歩みはすすんでしまったということかもしれない。

あとは、やるだけ。

おこなうしかないのだろうな。

 

痛みのない身体、

雨風しのげる家、

すばらしい恋人、

かわいい猫たち、

やさしい家族、

たのしい友人、

お金を得られる技術。

 

ひとつひとつ、少しずつ時間とエネルギーを注ぎ、40になるまでに手に入れたのだ。

いや、手にいれるものではないのかもしれないが、自分の体感というのか感覚として、

それらはすでに在るのが今日なのだ。

それらを強く求め、行動し、そのようになった。

 

同じところをグルグル回っていても仕方がない。

あたらしいところ、在り方へ目下、日々むかっているということだ。

それには人と比べても、人に従っても意味はなく、

自分の求める道をゆかなくてはならない。

 

今日、めい想の時に、罪悪感が浮上。

人の役にたっていない、自分のために生きていることへ罪の意識をもっていると気がついた。

それは、人として当然のことのように思えるほど深く思いこんでいる価値観なのだった。

 

働くことは、お金を得ることであり、それは誰かの役に立ったということで、

お金を稼ぐ毎日でないことは、人の道を外れた、人様の役にたっていない毎日ということで、

そんな自分を認めない、罰する自分がいる。

でも、より強い自分は、それでも自分を優先させることを選んでいる。

だから、この日々がある。

 

このかっとうを手放せたら、今よりも気分が軽く、楽になれるのだろう。

とはいえ、仕事を断っているわけではないのだからいいではないか。

NOとはいっていない。きたらやるのだからよいではないか。

人に求められていない今は、自分の求めに応じたらよい。

ねたいならねればいいし、働きたいなら働けばいい。

そして、絵なのか文なのかとにかく、自分の人生のために創作をつづけよう。

焦らず、逃げず、ただやろう。

 

そんなことを思った1月11日。1、1、1。

明日は満月。

 

 

2年前の今日のぼくは、そんなことを思いながら床についていたみたい。

2年後のぼくは、映画をまたレンタルしてきてみた夜。

アッバス・キアロスタミ監督の「桜桃の味」。

 

自殺したい主人公の1日のことを描いた物語。

 

ぼくも死んでしまいたいって思いつめていた時代があって、

ちょっと懐かしく、いつかの狂いそうな夜のことが残り香みたいにふわっとよぎった。

 

あの頃のぼくは、どうしたらいいかわからない! って発狂寸前だった。

今のぼくは、死にたかった時代には「あたりまえ」だったことが、

生きていることのよろこびみたいに思えていたりする。

 

あったかいごはんとか、好きな人と飲むコーヒーとか、

友だちとおしゃべりとか、くだらないテレビをくだらねーと言いながらゴロゴロみるのとか、

お風呂とか、読書とか、作文とか、絵とか、

そういう日常のいろいろを、

いつもじゃないけれど、ふと、

ああ、いいな。

って思える。

 

このあたりまえのことを支えてくれているのは、

あたりまえの奇跡的な連なりというか連動というか関係なわけで。

なにかひとつ違ってしまえば、すべてが違ってしまうことだってある。

 

とにかく、今日も豊かであった。

車の中でひとりで大きい声で歌ってたのしかったし、

200円の好きなペンの初めての0.4mmをつかって手紙を書いて出して心がおどったし、

友だちとご飯の約束をしたし、

これからお風呂で今日買った樹木希林さんの残した言葉の本を読むたのしみが待ち、

さらにあたたまりゆるんだ体で布団乾燥機であたためた布団にくるまる幸福感は外が寒い冬だからこそ。

明日の昼はトーストに何をのっけて食べようかとおよそ12時間後のたのしみもある。

 

2年後の1月11日に、まだ生きていたら、またここにその日のことを書いてみようかな。

 

see you again!!


生きがい

 

年末に、久しぶりに会った男子に、

ふと、生きがいって何? などと聞いていた私です。

あけましておめでとうございます。

 

その時には、彼からとくに返答はなく、

逆に「生きがい何なんすか?」と聞かれたものの、

ぼくもごにょごにょ。

 

毎年なのですが、

どうも年末年始って、ぼくは暗いんですよね。

冬至って、1年でいちばん昼が短く夜が長い時なわけだけど、

そういう宇宙の流れと関係あるのかもしれないな、この暗さ。

 

そして、現実逃避的に今年もレンタルビデオ借りて、

つかの間の逃避を試みても、なんだかなにもピンとこず。

 

グーニーズを借りてみたけど、子供みたいにその冒険世界にワクワクできなかったし、

ドリスヴァンノッテンのドキュメンタリーみたいな映画は、すごく面白かったけど、

不毛に、自己反省してしまった。

けど、ドリスさんの服はほんとうに素敵だった。

 

それから、「おじいちゃん、死んじゃったって」という、

桐島部活やめたってみたいなタイトルの映画は、

今のぼくにとって何も、まるで、響かなかった。

ちっともリアリティーを感じられなかったし、共感できなかった。

しかし、それは映画のせいではなく、

ぼくの年齢の問題なのかもしれない、とあとから思った。

 

グーニーズも、たぶん10歳くらいのぼくだったら超夢中になった気がするし、

おじいちゃん、も、20歳くらいだったら笑ったりジーンとしたりしたのかもしれない。

かといって、91歳の老人の日常みたいな「LUCKY」という映画は、猛烈に眠くなってしまった。

 

残る1本は「吉原炎上」。

そういう情念系(?)みたいな映画はあまり興味がないのだけど、

藤真利子さんがこの映画の話をしているのをテレビでみて、急に見てみたくなった。

 

って、生きがいについて書こうと思ったら映画の話を書いている。

 

生きがいってワードがグルグルしだして、

今思うこととしては、もしかしたら誰かのために生きたいのかもしれない。

これまで、そういうことを、

親の期待とか、そういうことを回避したく生きてきて、

自分のことばかり考えて今に至っているのだけど、

それでは、もう、あまり活力がわいてこない気がしている。

 

自分がよろこんで行うことが、誰かのたしになってくれたら、

よーし、ってもっとやりたくなるのかもしれないな。

 

年始の投稿が、いきなりどよーんとしていてすみません!

けど、たくさん寝てるからI`m fine ではあります。

 

本年もよろしくお付き合いください。


ゆるします

 

今年が終わろうとしている。

毎年思うし、毎年のようにここに書いている気がするけど、

1年という単位があってよかった。

 

とにかく、明日には一度終わる。

2018年という数字をあたえられたこの1年間が完了。

 

寝て起きて新しい年がやってきたからといって何かが変わってしまうことはないのだろうけど、

でも、気持ちをあらたにすることの助けになってくれる。

 

今年はよく働いたなー。やりたいことをやれたし、

思わぬことがいくつも起こった、やることができた。

 

この年末、

頭の中に「許す」ってことについてパっと閃いたことがあった。

 

許すって、たとえば誰かを許すとき、ほんとうに許しているのは自分なんだな。

 

遅刻する誰かを許すということは、

遅刻を許せない、遅刻はよくない、ダメなことだ、という思い込みをもつ自分を認め、許し、

その「こうあるべき」というこだわり、こわばりをリリースすることなのだろう。

 

許せないことは、それを許すためにこそ存在しているのかもしれない。

 

ぼくは、まだまだ後悔とか罪悪感とか、自分はダメだとか、

自分を許さない自分がいるけれど、

重たいものを背負いこんでいる自分を、認め、許してみよう。

 

自分が行ったなにかが、世界、宇宙にとって本当はどのような意味があったかはわからない。

悔やんでしまう言動が、もしかしたら、大きな目で見たら、

思いもよらぬすばらしい働きをしていたのかもしれない。

 

今日生きているということは、生きることをゆるされているということ。

 

ほんの1cmくらいずつでも、生きていることへの感謝をふくらませて、

ごきげんに生きていこう。

 

今年もお世話になりました。

どうもありがとうございました!


友だちから、あらたまった表題のついたメールが届いた。

なんだろう、ちょっと怖い、と思いながらひらくと、

それはクラウドファンディングのお願いというか、

不妊治療に特化したアプリを作ったというお知らせのそれでした。

 

メールには、

不妊の治療にかかる具体的な金額などが書かれていて、

え、ってなった。

 

それだけの大金を投じて、クリニックに通って、

でも、だからといって、みんながみんな妊娠するわけではない。

 

あ。今、これを書きながら、ぼくの近い人で、不妊治療をがんばっている人の顔がまたひとり浮かんだ。

 

ぼくは、こんな感じで、ゲイということもあり、

これまでの42年に、一度も自分の子供をもうけたい、って思ったことがたぶんない。

自分のことでいっぱいいっぱいで、子をもつなんてことへの憧れすら抱かなかった。

だから、正直いって、不妊治療のことにもごめんなさい、関心を強くもてていない。

 

ただ、友だちからの神妙とも思えるそのメールには、

自費で、そのアプリを開発したということなども書かれていて、

本気。というものを感じた。

 

そして、子供を授かりたいけれど授かれないことはすごい苦しいのだろうな、と思ったし、

逆にパっと授かったという方も世の中にはたくさんいるだろうと考えると、

なんともいえない気持ちになった。

 

でも、なんというかそういうことを大人になってから思ったことがあった。

学生時代の友だちで、10年とかブランクがあり、

いい年になってから再会してそのブランクタイムの話をした夜に、

彼女から、学生時代の家庭の事情などを聞き、

ああ、そうなのか。ってなったのだ。

 

ぼくはその頃もまだ、ゲイって特別というか、

自分は人よりも苦しい目にあった人生なのだと思い込んでいた。

けど、そんなことないんだよね。

 

ぼくの場合は「ゲイ」ということだったけど、

それが両親の不仲や離婚や、自身の離婚や、病気や、お金のことや、

とにかく、いろんな要素、出来事があって、

ひょっとすると誰しもが、「どうして自分だけ!」という真っ暗闇をさまよう経験をするのかもしれない。

 

その夜に冷水を浴びたように、ハ!っとなって、

ぼくは、ゲイで死にたいくらい辛かったんだ、ってことを、

被害者みたいにして思うのはやめた。

 

なんかね、友だちのこの度のメールを読んで、そのことをまた思い出した。

授かりたいけど授かれない人がいて、

もしかすると、授かった人に対してネガティブな感情がわいて、

そんな自分が本当に嫌だ、って人もいるんだろうな。

それはとてもしんどい時間だろう。

 

彼女たちのクラウドファンディングの目的は、もちろん支援金もあるけれど、

それを必要としている人に存在を知ってもらう一助になれば、というのがあるのだそう。

 

人生ってよくわからないけど、

それこそ子供は授かりものなのかもしれないけど、

でも、努力ができると知ったら努力はしたいよな。

 

変なたとえだけど、

ぼくがゲイを嫌悪していた時代に、ゲイじゃなくなれるって知ったら、

必死でそれをしていただろうって思う。

 

ミニン」というそうです。不妊治療を頑張る人を応援するアプリ。

 

https://camp-fire.jp/projects/view/96144


いろいろ

朝が寒い八王子のこのごろです。

ごきげんいかがでしょうか。

 

 

自分の機嫌って自分でとるしかないのはわかっているのだから、

すっごく簡単、単純なことだと思うのだけど、

なんでだろう、それがうまく機能しないことがつづいていた。

 

なんでだろう、って思えば答えがあらわれるもの。

ぼくの答えはこうでした。

自分が自分に厳しいことばかり言っていて、

その厳しさって愛があるのかよくわからない。

 

たとえば親が子供に対して、そっち行ったら危ないからダメ!

そんなことをしたら酷い目にあうかもしれないから、やめておきなさい。

心配なのよ、あなたのことが。

あなたにはそれはむつかしいと思うよ。

 

そういうたぐいの言葉。

これだって愛なんだろうけどね、

愛の中の一部というか、

ちょっと窮屈な愛かもしれない。

 

体験とか感情とかに良し悪しをつけてしまいがちな自分は、

いろんなことを恐れている。しかも恐れをじっくりみずにその先っぽだけをみて、

そのムードに敏感になって、先回りして、こわいこわいってなっている。

 

それは転ばぬ先の杖みたい。

転ぶと痛いかもしれないけど、痛いが悪ではない。

転んで知る痛みも、転べる体があるから叶う体験なんだよね。

 

ということで、思い出したように自分の観察をしている。

けっこうぼくは散漫で、あらゆることから心配ポイントを見つけてきて、

過保護にあれこれ言っている。

 

言われているぼくは、それを真に受けてしまいそうになるが、

冷静に、冷静に。

心配はありがとう。でも、心配ばかりしていると体に毒だから、

一瞬の心配をして、あとはリラックスしようじゃないか。

 

心がゆるまないんならまず体をゆるませて。

ゆっくり湯船につかったり、ストレッチしたり、

南の島の記憶でもたぐりよせ、あったかーい、とか妄想して、のびしてあくび。

 

好きなようにできないって思わないで、

その中で好きなようにしたらいいのかもね。

この状態、この状況、この現実に遊ぶ。

それはたぶんむつかしいことじゃないよ。

だって、自分が好きにしていいんだから、答えは決まっていないんだからさ。

 

ないない、っていってたら時間なんて本当になくなっちゃうのだろう。

あるある、って、ゆっくりよく噛んでごはんしたり、

3分間とかでもボーっとたゆたったり、

そんなことでも心ののびはできる。

 

露天風呂で星をみながらじわじわあったまる感覚で今日をすごしてみよう。


Live Painting !!

 

おくればせながらあの日の動画をアップロードしてみました。

は? って言われそうですが、たった動画のアップができただけで、自分を褒めたい気分!

 

この動画は、下北沢のマッサージのチリアのたまきさんが撮ってくれました!! どうもありがとう〜!

とても居心地の良いサロンで、ついつい身の上話に花が咲き、

お客でいったわけですが、名刺やらニュー男子のカードやら渡し、

その勢いで、翌週絵の個展にやってきてくれ、このライブペイントも見にきてくれた。

出会いってどこに転がっているかわからないものですな。ありがたや。

 

 

完成した絵はこちら。

しかし、完成なのかな、って気持ちもある。

もっともっと重ねたい!!


直前案内申し上げます

 

こんばんは。

これ、QRコードっていうものらしくて、ここをスマホやらで何やらすると、

ぼくとカレときくちよしみさんとでやっている、eat LOVEというコンテンツにとべるようです。

 

eat LOVEってのは、

このブログのeat LOVEカテゴリーを見ていただくとわかるのですが、

ぼくとカレの暮らしを写真家のよしみさんが撮影しにきてくれて、

その日のこととその日の写真のことをぼくが作文するって企画で。

 

かれこれ半年以上、アバウト月1ペースでやっており、

それを小さいzineにしてみたのであります。

 

そのzineを、zine sonic 2018 というイベントにて目下販売させてもらっています。

で、明日と来週の週末は、そのイベントの企画で、

zineの制作者がきて、直接販売をするという催しをするのでございます。

 

直前で恐縮なのですが、

明日の14時くらいから18時半くらいまで、

中目黒にあります「Brick&Motar」というお店に、いってます。

 

もしも気が向きましたらいらしてください!

 

場所は、ここです! http://www.brickandmortar.jp/?mode=f2

 

よろしくお願いしますー。

 

のむら


ただいま

 

ごぶさたしてます。

人生でいちばん濃厚な秋をすごしています。

 

たぶんぼくのどこかが死んだんじゃないかな、って思うくらいにハードな時間が何10時間とあって、

人生ってすごいなあ、って思ったりしていた。

 

たくさんの非日常が連続的にやってきて、

でも、今日までのところ見事にピタリとなんとかなっていて、

あれ、人生ってこういうことなの?

ってなっている。

 

どういうことかというと、なんとかなる。

なんとかなるって思っているからなんとかなる。

 

いや、なんの心配もいらないでしょ、だって今しかないんだから!

ってやってたら、ノーウォーリーな毎日がすぎていくのにちがいない。

 

明日から、あたらしい秋になりそうです。

いや、明日なんかないのか、今日から、今からぼくはNew Fall 男子!


また宣伝

 

自分がするべきことは、自分の状態をいい感じに保つための努力なのかなって今週はよく思っていた。

毎度同じようなことを書いてしまうけど、でも、それがやっぱり大事なのだろう。

 

雨は苦手なタイプで、

できれば外へ一歩も出たくないけど、

出てみたら、車からこんな写真が撮れた。

 

雨のダンス

踊る雨

雨は踊る

 

夕方の空がとてもきれいで、なんともいえない幸福な気持ちになった。

 

明日はいよいよ私のデビューなのです。

人前で絵を描くってことのファーストタイム。

まったく初めてなもので準備の仕方もわからない。

けど、黙っていてもふいに誰かがヒントをわざわざ投げかけてくれてありがたい。

 

きのう駅前の画材屋へいったら、

3ヶ月前から気になっていたキャンバスがまだあって、

そもそもキャンバスが気になること自体が初めてで、

でも、まだ値段のことでうむうむ頭は迷って、

でも、迷うことはないって実は腹は決まっていて。

頭のために、理性のために迷ってあげた。つきあってあげた。

 

絵の具も買ってみた。

イベントへの申し込みを事前にいただけたことで、

会場代はペイできそうだなー、って明るい気持ちになり、

そうか、お金をとってやることなのだ、それを心しなくては! ともなり、

絵の具を買った。

 

いっかいも知らない、発色もテクスチャーもしらない絵の具を複数買いした。

すごく楽しみで、すごくうれしい!

 

キャンバスがすてきだから、6割方もう成功だな、って思っている。

なんかね、光のゲートみたいな絵が描けるんじゃないかなあ、という予感があるけど、

こういう予感は当たらないこともあるのでわからない。

わからないからいいんだろうね。だから自分が面白がれる、飽きずにやってられる。

ぼくはそういう性分で、性分と思うからそうで。

 

いちおう最後にもう一度宣伝してみます。

明日の午後2時から、渋谷の公園通りクラシックスというスペースで、

音楽演奏家の千田岩城くんとライブペイントします。

よろしくお願いします!

 

のむら


| 1/131PAGES | >>

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode