eat LOVE

久しぶりにeat LOVEページを更新しました。

 

https://aiwotaberueatlove.wixsite.com/eatlove

 

eat LOVEって何かというと、

右のほうにあるeat LOVEってカテゴリーを見ていただければわかるかと思いますが、

カレと猫たちと暮らすわが家に、写真家のきくちよしみさんがやってきて、

ぼくらの食卓を撮影してくれ、その日の写真を見ながらわきあがってきた思いとかなにやらを言葉にする。

そういう記録です。

 

こんな生活してる人がいるんだなー。

こういうもの食べてるんだ、へー。

 

そういう感じです。

よろしくお願いします。


こういう絵です

 

今度の展示は、こういう絵です。

お手製の額というかフチというかをこしらえてみました。

 

イタヤカフェは木曜日と日曜日がお休みです。

11時30分〜17時です。

 

よろしくお願いします!


個展示します「野菜、くだもの、クンダリーニ」

 

こんにちは。

お久しぶりです。

また絵の展示をすることになりました。

 

新高円寺の「イタヤカフェ」さんというカフェで、

そこはイタヤさんという方が、家の一部をすてきにカフェにしていらして、

この間、はじめて訪れたときの印象は、洞窟みたいだなー、でした。

 

静かだった。

その日はちょっと寒かったんだけど、そこは暖かくて、

暖炉なんかないんだけど、そういう暖かさを感じた。

 

飾らせていただく絵は、いつもはキャンバスが多いのですが、

今回は、釘が打てないコンクリの壁だから紙の絵がいいね、

ということで、紙の絵を紙の額みたいなのをつくって展示しようと思ってます。

 

ひとまず、期間中の土曜日はいます(6日はいません)。

あとの平日は、「この日いくよ」って声をかけてもらえたら、

その日に行くようにしたいと思っているので、よかったら声かけてください!

 

展示のタイトルは「野菜、くだもの、クンダリーニ」。

描いてたとき、なぜか「クンダリーニ、クンダリーニ」とグルグル思っていて、

それとは別に、野菜とくだものの本を見ていて、

ふざけた、自分の中の仮タイトルみたいな感じにつけていて、

本番はちょっとかっこいいのにしようと思っていたが、

なぜ、かっこつけるの? と疑問がわいたので、そのまま「野菜、くだもの、クンダリーニ」としました。

 

小さいカフェの小さい展示です。

コーヒーなんか飲みつつ、絵を見てボーとしつつ、よもやまお話ししましょう。

 

どうぞよろしくお願いします!

(今回はDMをつくっていませんので、この地図など参考にいらしていただければ!!)


あ、春

 

あ、春。

そういうタイトルの映画があった。

ぼくの中では、斉藤由貴の映画。

いつかいつか、と思ううちに引っ越しし、

もっかのテリトリーのレンタルビデオショップには「あ、春」がない。

 

いつか、って先送りにしていくと、

いちばんおいしい瞬間の料理を味わうことはできないのかもしれないな。

そんなことを昨日撮ったこの写真から思い巡らせるわたしのこの春はよい天気。

 


New Moon

 

日付が変わってしまったけど、今日は新月でした。

新月は、あたらしいサイクルのはじまり。

この度は魚座の新月。

 

魚座は12星座で最後のサイン。

そのエネルギーとは、

新しい命のたんじょうを前にあらゆるものが混ざりあい溶けあい、そうして「I」になる。

 

膨大な無意識からわきあがるさまざまな感情、感覚は、

ここで意識化され、これからの私の血、肉となるのだ。

 

そんなことを感じながらポーンと「愛の中にいる」ということばがあらわれた。

 

ポジティブもネガティブもすべては「愛」の一部。

どこにいてもなにをしていても、わたしたちはいついかなるときも愛にくるまれた愛なのでしょう。

 

おやすみなさい。


ニューポエム


宣誓


new ERA

 

本日の夕方、

天王星という時代を象徴する星が

おひつじ座からおうし座へうつる。

それを「新しい時代の扉を開くタイミング」と石井ゆかりさんが書いていらした。

 

ということで、目覚めたこの朝に、あたらしい時代の心得を自分にたずねた。

 

おうし座は、ぼくの中ではマイペースってイメージ。

マイペースだね、というフレーズが褒め言葉かお咎めかは時と場合によるのだろうが、

みんな自分のペースが絶対にほんとうはあるはずで、

それをNO!というのは他人だ。

 

他人あっての社会だしこの世界だろうけど、

マイペースを大事にしあうことでできあがる世界は、きっともっとユニークだし、もっとピースなんじゃないかな。

 

ぼくはそういう世界に生きたいから

まずは自分のそれを大切にする意識をもつことにする。


おしらせ

 

この本です、ぼくが携わった初めての書籍は。

すてきな表紙じゃないですか?

撮影はかの篠山紀信さん。

デザインは鈴木成一さんです。

 

中身もすてきなんです。

字体とか文字の行間というのでしょうかデザインがすばらしくて

まず見やすいし、読みやすい。

 

TAKAHIROさんのお話は力強くてやさしい。

TAKAHAIROさんと出会って、ああ、やさしいってこういうことなのか、と思いました。

自分がこれから向かいたい未来がみえたような感覚も。

 

内容は、そして実用的だと思う。

あ、こういう風に考えたらいいのか。

なるほど、夢を叶えるにはそれが大事なのか。

そういうことを簡単なことばで丁寧に伝えてくれるところがやさしいなーって部分。

それから、「あなたもできる!」って本気で可能性を信じてもらうこととは、

甘いやさしさじゃなくて、凛々しいやさしさだなってなことも、この本からぼくが感じることである。

 

「ゼロは最強」よろしくお願いします!


new PEACE

 

テーマは調和、平和、new PEACEです。

new PEACEはいちおう造語なのですが、

パっとことばと絵柄までダウンロードされたが、検索すると、

NEW PEACEという広告などをつくられている会社があった。

けど、まあ、造語のつもり。

 

あたらしい平和、真の平和とは何か。

それは自分の平和をつくるあり方。

自分の平和をどうつくるかをぼくはこの人生でずっと探求しているのだけどふとこの間、

悟りとはなにかを知りたい、と問うと、すとーんと幕がおりたみたいに、チーンってなった。

ん? んん? とぼくは思い、そして、あ、となった。

 

悟りって、無というか、空っぽな状態をいうのかもしれない。

あれ、平和から話が悟りになっているけど、まあ、それはそれとして、

だからして、悟りって達する、合格!みたいなことではなく、

瞬間的な状態なのかもですね。

その瞬間を繰り返していけばきっと、はたから見ても「悟ってるわー」ってなる。

 

さてnew PEACE。

ぼくのカレシの伊藤ミッチーが刺繍の作品をここのところ毎日つくっていて、

堰を切ったようとはこのこと。

ぼくは友人としてそんな彼の状態がとてもうれしい。

ずっとあなた苦しそうだったものね、ずっとずっと。

ということで、ミッチーがその作品をnew PEACEって名付けたみたい。いわゆるブランド名的な?

ぼくの線の絵とか、気に入ったものがあったらそれも刺繍にしてくれている、もっか3枚。

 

基本的にぼくの絵は出たとこ勝負というか、

考えずに手を動かす感じなのだけど、

ここのところ、自己開発的なことにハマっていまして、

はじめに意図を定め自分を設定するということにすごく夢中なので、

今朝は、先に意図を決めこの絵をかきました。

new PEACE。

 

いとうくんの作品は、instagramで見れます。

たぶん#newPEACEで出てくるはず。


| 1/134PAGES | >>

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode