11/10 自問自答

なにが怖い?

自分にできるだろうか、ってこと。

でも、考えてみて。

これまで、できなかったことはある?

それに、もしできなかった、失敗したことがあったとして、その失敗は、本当に失敗だった?

もしもその”失敗”がなかったらもっと深刻な”失敗”をうんでいたかもしれないとは思わない?

それに、失敗って何?

失敗の反対は成功?

では何が、これまでの人生で本当に成功した?

外の世界を見て、失敗のない人生ってある?

成功している人って誰?

その成功している人の人生には失敗がなかったと思う?

その人の人生の何を本当に知っているといえる?

この一人の人間が、人生のすべてを今この瞬間に把握できるもの?

誰がそのような視点をもっているといえる?

たとえば失敗は、失敗を恐れて、何も挑戦しないことではない?


11/10 自問自答

 

不安は、未知への不安。

けれど、すべては起こるように起きている。

ただそれだけのことかもしれない。

 

あるいはすべては未知、未確定の、オール自由ということかもしれない。

だけど、そのどちらが正しいか、はたまたその両方であるという矛盾。

また、どちらも正しくはない可能性。

そのように、ぼくにはこの世の、人生の真実が、確信的にわからない。

ならば、自分が生きやすい考えを当座の真実とすればよいのではないか。

というか、そうとしか、いえない。

 

大丈夫。

どうせ、自分には人生のすべてをコントロールできない。

祈ることはできる。願うことはできる。求めることもできる。

けれど、それをしたからといって、すべてがすべて自分の思い通りになることはないのだろう。

もしも、すべてが単純に、自分の思い通りに、コントロール下にあるとしたら人生はハッピーなのだろうか。

 

1億円がポーンとどうしてだか手に入ったとして、

避けたいことはすべて避け、世捨て人のように家にひきこもって、

とりあえずの安全、安心を得たとして、イコールそれがハッピーといえるだろうか。

 

避けたいことは、では、何か?

恐いこと、恐れを感じること。

人との関わりは、恐いことではあるけれど、よろこびをもたらすものではないか?

 

恐いことは、未知のこと。

どうなるのかがわからないことすべて。

たとえば旅だって、ぼくは恐れている。行きたいなんて思わない。

ワクワクたのしいこと、よろこびもあるかもしれないが、

それは行ってみないとわからない。

行ってみて、結果、そのような時間、瞬間があった。そういうもの。

家にひきこもり、不確定な未知を避ける人生には、思わぬよろこびがとても少ないかもしれない。

そして、おそらくたいていの人生には、未知は決して避けられるものではないのだろう。

誰だって、何かしら「最初」の瞬間はある。

未知とは、人生というものにもれなくセットされているものなのだろうと思う。

 

今、思うこと。未知は避けられない。

つまり未知を恐怖ととらえると、人生、毎日には恐怖しかない。

未知は恐怖とイコールではない。

そもそもことばがちがう。

未知と恐怖は同じことばではない。同じ意味ではない。

未知は未知。

未だ知ることのない次元。

 

毎日は、実はつねに新しくて、同じではない。

”同じ”とみなした方が心が楽、負担が少ないから、

それに気づかないように心なのか頭なのかが”同じ”とレッテル、ラベルを貼っているにすぎない。

でも、実際、ちがう。

気温も天気も気分も体調もすべて同じではない。

あたらしい今日にあたらしい私が生きている。

 

明日のことはわからない。生きていないかもしれない。

大切な誰かが死んでいるかもしれない。

それを恐れていてもしかたがない。

究極、人は死をおそらく避けられない。

すくなくとも不老不死の肉体をもつ人にお目にかかったことはない。

本などでも、肉体には期限があるというものしか目下は出合っていない。

 

恐怖を避けるのではなく、自分の恐怖を手なづける。

恐怖を見て見ぬふりをするのではなく、あることを認めて、

今しているように、それと向き合って、

恐怖している自分と向き合って、恐怖している自分を知って、恐怖する自分に居場所を与えて、

恐怖する自分とともに生きていけばいいのではないか。

 

おこることはおこるのだ。

それは、おこるべくしておこる。

やれることをやって、あとはリラックスをして、リラックスを自分に与えて生きる。

 

自分を信じる。

自分がこの人生の主なのだから、

自分にとっての真実、このぼくの人生においての本当に本当の真実は、

もしかすると自分の中にしかないのではないか。

他の人の発するものはすべて、その人の人生において有効なもの。

主人公がちがうのだから、その人それぞれによって、有効なものは異なっていてもおかしくはない。

むしろそのほうが自然かもしれない。

 


お知らせ

 

先日は3泊4日で北京へいってきました。

また、くわしいことはあらためて書きたいのですが、

ぼくがいつか描いた子どもの落書きみたいな絵を目にとめてくださったJumboさんより声をかけていただき、

その絵が、すてきなシャツとなりました。

北京へは、そのブランドのファッションショーにお招きいただき行ってきました。

sans titre  http://www.sanstitrestudio.com

Jumbo Tsui  https://www.jumbophotographe.com

 

 

それから、この夏に友人と何度もLINE電話を重ねながらいっしょに星を読み、

2020年の手帳「おいせさん手帳2020」にて、一部の原稿の執筆を担当させてもらいました。

友人とは、占星術講座で出会い、講座が終わる頃に一気に仲良くなり、

時間ができたら電話して、あれこれ話し合うふしぎすぎる関係になりました。

彼女と「いつか何かをいっしょにできたらいいなあ」なんてメールに書いた数時間後に、

この手帳の依頼があり、めでたく先日、手帳が完成した模様。

ぼくたちは2人で手分けをして、ぜんぶで40数日のことばを書きました。

おいせさん手帳2020 https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334940812

武士俣史子 vivir空間 https://viva-vivir.blogspot.com

 

 

来月、新宿のジャズのお店「J」さんにて、

約1年2ヶ月ぶり3度目の個展を開かせてもらいます。

どうしよう、まだ、ぜんぜん描けていない!

けれど、お店のHPには開催の1ヶ月前に情報をアップしなくてはならず、

もっかのところの絵と、展示の説明などを書かせてもらいました。

今回のタイトルは「パルス」としました。

新宿「J」 http://www.jazzspot-j.com/gallery.html?num=124&nen=2019&mon=12&check=1

 

 

北京から帰ってきたら友人よりインスタにメッセージ。

QUEER TOKYO FAIRという、

セクシュアリティ、ジェンダー、フェミニズムなどをテーマにした出版物やアートを紹介する

クィアカルチャー・フェスティバルに参加しませんか? と。

おもしろそう! 

30代の頃に日々の悶々を綴った「アタシ問答」という冊子を出そう!

と閃き、「Yes!」と返事をし、

いま、あと10日を切っていることにびっくりして、ビビっている。

11月16日、17日に、台東区のカフェ「PURX TOKYO」にて行われるみたい。

PURX TOKYO https://purx.tokyo

 

 

そしてそして、12月8日の午後に、

9月に2人展をさせてもらった奥渋谷は「maruta」にて、

ぼくの考える「そうじとは?」という、

掃除が苦手な人への意識改革的なワークショップをやらせてもらうことになりました。

日曜の午後に、集ってmarutaのおいしいお菓子をつまみつつ、自分と向き合ってみませんか?

こうしたWSは初めてということもあり、5名くらいを募ろうかと話しています。

ご興味わきましたら、ご一報ください。

 

 

そして、毎月1日にアップされる「セクシュアル・ヘルス通信」にて、

毎回、文章から着想を得た絵を添えさせていただいています。

黒澤優子さんのお話は、思わぬ展開をみせ、毎度お話が届くのをたのしみにしている私です。

セクシュアル・ヘルス通信 https://note.mu/bdaorganic/archives/2019

黒澤優子 http://blog.livedoor.jp/quko/

 

 

以上、書き出してみたらなかなか盛りだくさんだ。

けど、時間軸的には、夏のこともあり、先のこともあり、

まあ、いろいろある2019年みたいです。

 

これからの予定のことは、またあらためて書きたいとおもっています。

よろしくお願いします!

 

のむら


旅へ

ここのところ、とても落ち着かず、

しずかにイライラがたまっていた。

たよりにしている本に、今の自分へのメッセージをきくと、「怖れ」と出た。

 

怖れを感じなさい。怖れを感じなさい。

その本はいう。

 

本をいったんとじ、怖れを感じてみると、

あるわあるわ、怖れの山。

その怖れのすべては、未知への、未来へのものだった。

 

なーんだ、と瞬時に軽くなることはなかったけれど、

じんわり感じつづけていると、

こんなにもたくさんの怖れを見ないようにしていたら、それは落ち着かないし、

気分が浮き沈みするよなあ、と、冷静になれた。

 

怖れと、冷静な距離感が生まれ、すこし平常心になった夜に、お手製のカードをひいてみた。

「笑い」と出た。

 

先の見えない不安は、実は実態がない。

ああなったらどうしよう、こうなるかもしれない。

そうしたものは、すべて if。

 

どうせ未来は if なのだとしたら、if を笑って迎える心持ちでいたい。


時間

 

こんにちは。

最近、Instagramのほうで、

そこにあるストーリーという24時間で消えてしまう機能にて、文章を連日投稿しています。

ふと思いついてやってみたら、なんか面白くって、やっています。

もしご興味あったら、みてみてください。

nomurakouheinoって名前でやっています。

 

その文章は、自問自答というか、

とにかく毎日のようにパソコンをひらき、

その瞬間に思い浮かぶものをタイプしつづけた「アタシ問答」という作品で、

かれこれ今から7、8年前のものです。

 

 

文中に「35年間生きてきて」みたいなことが書かれていて、ちょっとドキっとした。

なんというか、当たり前なのだけど、自分にも35才があったのだなあ、ってドキっとした。

でも、別に、それ以外の感情はなかった。

若くていいなとか、戻りたいなとか、そうしたものは一切なくて、

その自分の潔さ、すてきだな、と思った。

 

なんで戻りたいとか思わないかというと、理由はもちろんひとつきりではないが、

文章を久しぶりに読み返していて、当時の自分と今の自分の違いをくっきりと感じたことが大きい。

似て非なるわたしなのだ。

 

当時の自分は、怒りやら悲しみやらがふつふつとそこにあって、毎日思いつめている感じがある。

今のぼくは、そういう感情があまりわいてこない。

いや、わいてくるのだけど、あの頃よりもタイムラグがなくわいてくるというか、

その場その時に「あ、自分は怒ってる」と気がつけるようになって、

だからか、そこまで怒りがあとをひかないし、ふりまわされない。悲しみも同様。

 

その変化を進化と自分は捉えているけど、べつに、

今がよくてあの頃がよくないということではない。

 

怒ったり悲しんだり、なにかに気づいてよろこんだりしている35才のぼくは、

43才のぼくからみると、エネルギッシュと感じる。

戻りたくはないし、うらやましくもないけど、「あなた、いいねえ」って思う。

 

そんなわけで、目下は、文章をアップする作業を通じて、

過去との時空をこえた旅というか、かつての自分と文通をしているようなこの頃。

いつかの自分の文章は、青くさく思えて恥ずかしいのだけど、

でも、今にはない魅力も感じる。

 

きっと、今日のこうした文章も50代となった自分がみたら、

青くさくて恥ずかしいな、と消したくなるけど、きっと消さないのだろう。


ありがとうございます

このブログは、なかなかアナログというか、

プラスアルファの料金を払えば、いろいろとわかるようだけど、

基本プランみたいなもののため、いろんなことがわからない。

けど、訪問数だけはわかる。

 

更新していないながらも、毎日やってきてくれる誰かがいるようで、

誠にありがとうございます!

 

 

ここのところぼくは、体調を崩していました。

発熱のない風邪みたいな感じで、

寝る、食べる、お風呂くらいしか、ほとんど動けなくって、

熱もないのに食べたら寝るしか選べない自分で、

そうした自分に罪悪感をおぼえたり、焦りを感じたり、

だけど、どう尋ねても「寝たい」しか応えがなくて、寝るしかなくて。

 

そんな状態のときに台風がやってきて、

そうしていられないと備えのために動き、

変な妄想にとりつかれないように、必死に今にとどまることを努め、

決壊寸前くらいの川のそばのこの家に、

猫をおいて避難などできず、いた。

 

本当に恐ろしくって、浅川の強烈なニュース映像は、

当日には見ることができなかった。

そうして、台風が、ひとまず過ぎ去り、

もっと、心身がだるくなって、さらに寝たきりのようになって過ごして数日。

ようやっと今日、もやが晴れたように動ける自分がかえってきた!

 

日々忙しいみなさんも、

平気と思っていてもひょっとすると心身がすこし疲れていることはあるかもしれません。

休めないのだとしたら、せめて1分間くらいでも目をつぶり、

神々しい絶対安全安心な光のシャワーを浴びまくる想像などをして、

目に見えないどこかを充電なさってくださいね。


牡羊座の満月

 

牡羊座の満月によせて、アストロダイスをふってみました。

質問としては、どのような心持ちであると、そのエネルギーとよき同調をできるか? というもの。

以下、メッセージ&解釈。

 

とてつもなく宇宙人。地球人じゃなくて宇宙の人、存在であることを認識して、

自分に備わった能力、DNAをスイッチオンにすると意図する。

 

なるほど。って思った。

そうだよな、ぼくたちは日本人とかアジア人とか、いろんなくくり方ができるけれど、

人間とか、知的生命体(?)とか、そうしたカテゴライズも自然としてしまいがちだけど、

そもそも、宇宙の一部である。

宇宙の一部ということは、宇宙である、ということである。

自分が宇宙であるという、壮大ともいえる場所に立つことが大事なのではないか。

なにを真実とするかは、その人その人の意識による。

 

自分はゲイで、中年で、大学中退で、貯金もなくて、NOをいえない日本人で......。

などとやっている場合じゃなくて、

I am 宇宙! と、いきたい。

そうして生きることのどこも悪くないではないか。

 

宇宙的なものとの同調は、自分の意識をひろげる。

ひろげていくこととは、自分を無私にしていくことで可能なのかも、と思う。

 

みなさま、よき満月デーを!

そして、超ハードな台風を、誠におつかれさまでした。

お互い、ゆっくりしましょね。


「アストロダイス リーディング」のおしらせ

八王子は、西八王子駅から徒歩7.8分のところにあります「もっきんバー」さんにて、

10月8日の19時30分〜21時30分に催される「うちゅうナイト」で、

「アストロダイス リーディング」をさせてもらうことになりました。

 

もっきんバーさんは、当初木曜と金曜だけひらくバーだったことからその名前がついたそうです。

うちゅうナイト、は、ぼくもよくはわかっていないのですが、

その日に集った人と、それぞれが思う、考える宇宙のことを話す夕べなのだと想像しています。

でも、話さなくて、聞いているだけでもいいと思います!

 

個人的には、以下のような夜になるのではないか、と、

アストロダイスをふって、感じました。

 

アストロダイスとはなんぞや、というところは、さらに下記につづってみました。

お時間ご興味ある方いらっしゃいましたら、ぜひいらしてくださいー!

 

当日は、ienoniwa photoの坂元さんが写真展をひらいています。坂元さんも在廊しています!

 

 

ご縁のある人が集まる。

そこで行われることは自分を表現すること。

わたしは、このような人なのです、と、誰かの目を気にすることなくあらわすことが、

そこに集う人たちの癒しになり、それこそがその時その場にその人たちが集まった理由であり、

それをご縁とよぶ。

そのようなご縁の会になるのだろうと思う。

 

 

いろんなプロセスがあって、

この秋から、まずはブログにて「エネルギー予報」ということをやり始めました。

種明かしをしますと、その予報の方法は、

占星術のツールのひとつであるアストロダイスというものを使っておこなっています。

 

アストロダイスとは、占星術の「天体」「星座」「ハウス」の3つが記された12面体のサイコロのことで、

各天体には各天体の、各星座には各星座の、各ハウスには各ハウスの意味がある。

 

けれど、その意味は、それぞれ幅広い。

たとえば双子座なら、好奇心やらコミュニケーションやらおしゃべりやらとある。

それぞれには、あたりまえだけど傾向というか、大枠はある。

その大枠の意味を掛け合わせて(天体×星座×ハウス)、読み解くのがアストロダイスリーディングです。

 

ぼくのやり始めた対面リーディングを説明すると。

 

.質問的なものを考えてもらい、それをぼくが紙に書く

(問いのあるところに答えがあると思うし、質問を文字に可視化することが大事だと思う)

 

.精神を一瞬集中していただき、サイコロを3つ同時にふってもらう

(宇宙とつながるような感覚を意図してもらうことにしている)

 

.出たサイコロから浮かぶメッセージを即座に書き留める

(ライブペインティングみたいなもので、考えずとにかく手を動かす。一瞬で捉えることが重要と思っている)

 

.書き留めた言葉(ごく短いものから数行に及ぶものまである)を読み上げる

(可視化された言葉を、音という響きにすることも意味があるのだろうと思う)

 

.書き留めた言葉と質問とを照合し、浮かぶ言葉をとにかく伝える

(書き留めた言葉は自分でも意味があまりよくわからないことがあるが、話しながらどんどんわかってくる)

 

以上でだいたい15分程度で終わります。

が、質問に対してのより具体的な方法だとか、さらに細かい考え方とか、

そのようなことを伝え始めると、30分くらいかかる傾向があります。

 

15分2000円、30分3000円で、うけたまわります。

ご興味ある方いらっしゃいましたら、なにかの際に言ってくださいね!

 

のむら


今日のエネルギー

 

きっちりと自分のするべきことをする。

それをすることを誰かがどこかで見ている。

物理的な目ではなくても、見ている、感じている、

その行いの、あり方のエネルギーを確実にキャッチする者がある。

目に見えない世界には時間も空間もない。

たとえ、何億光年離れた場所にいたとしても、その影響を受けない。関係がない。

そんな宇宙にわたしたちはいる。

そこがわたしたちの命のありか。

 

ご縁のためになにかをするのではなく、

自分が感じる行ないをする。

目的のための手段ではなくて、手段こそが目的と生きる。

そのようなあり方が、今日のエネルギーにふさわしいのだろうと思います。


marta

 

この度の2人展「uni」では、ありがとうございました。

予想などはしなかったけれど、なんとなく思っていた以上、

はるかに多くの方にいらしていただき、本当にありがたかったです。

なんたって、やはり見ていただきたくてやっていることですから、

見にきていただく人があって、初めて成立するのが展示だよな、と思う。

毎度、同じようなことを展示後に書いている気もするけれど、

それは、思考のコピペ的なことではなく、

本当に、思うことなので、今回もそう書きます。

いらしていただき、気にしていただき、ありがとうございました!

 

そして、marutaのおふたり、たまちゃんとあきらさんもどうもありがとう!

お店にはそれまでに何度か訪れていて、そのときには、そこまで感じてはいなかったけれど、

なんというのだろう、ものすごくぼくとカレにフィットした空間でした。

広さも、立地も、雰囲気も、なによりおふたりのエネルギーが、

ふしぎなほどに、ぼくたちペアと通じるものを感じ、たいへんありがたかったです。

 

今回、あまりにもたのしくて、

今後、ミッチーがキッチンに立ってぼくが給仕する「ミッチーカフェ」をしよう!

などと、盛り上がっていまして、

それはおそらく夢とかではなく、必ずや実現するにちがいない。

そういう種類の盛り上がり方をしているわたしたちです。

 

今回で場所などを知ってくださった方、ぜひ、今後ともmarutaをよろしくです。

今回いらっしゃれなかった方々、これからまたそのような機会がきっとあるので、

そのときは、よろしくお願いします!

 

とにもかくにも、誠に誠にありがとうございました。

おかげさまで、とてつもなく濃密濃厚な時間を過ごすことができました。

 

のむら


| 1/140PAGES | >>

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode